【獣医師監修】猫の歯磨きの必要性とやり方・コツについて



この記事では猫の歯磨きの必要性正しいやり方・コツについて説明しています。

「愛猫の口臭が気になる」「猫に歯磨きをしたいけどどうやればいいのか分からない」など、猫の飼い主さんはぜひとも最後まで読んでいただけると幸いです。

猫の歯磨きの必要性

「猫に歯磨きは必要無い」と思っている飼い主さんは意外にも多くいます。

しかし、人間と同様に猫も歯磨きをしなければ歯に歯垢が溜まり歯石化します。そしてそれが原因となり歯周病や歯肉炎になります

高齢の猫では歯周病の悪化により歯肉が腐り、歯が全て抜け落ちてしまう猫もいるほどです。

加えて、猫も歯周病になると口臭がひどくキツくなります

そのため、飼い主さんが定期的に猫の口内を歯磨きすることは歯周病や歯肉炎などの病気の予防、更には猫の口臭対策にも重要なのです。

>>歯周病・歯肉炎について詳しくはこちらを参考にしてください。

猫の歯磨きのやり方とコツ

①まずは歯に触れられるのに慣れさせる

歯ブラシを嫌がる猫の場合、歯磨きを始める前にまずは飼い主さんが猫の歯に触っても噛み付かないようにしつけます

大人の猫の口の中に指を入れるトレーニングでは、万が一噛まれても飼い主さんが怪我をしないよう、最初は厚手の手袋などを着用すると安全です。

ガーゼや歯ブラシの先に猫の好きな食べ物の汁などをしみこませ「指(歯ブラシ)が口の中に入る=おいしい!」と思わせることで歯ブラシを受け入れてもらうのがコツになります。

歯磨きトレーニングは子猫の時から始めるのがベスト

猫が大人になってからのしつけは時間がかかるため、噛む力が弱い離乳期から猫の歯磨きトレーニングを始めるのが理想的です。

②猫用の歯ブラシを用意

ますは猫用の歯ブラシを用意します。人間用の歯ブラシは硬すぎて猫の歯茎を傷めてしまいますので使わないでください。

ちなみに猫用の歯ブラシはこのようなもの(猫用歯ブラシ)が使いやすいと思います。

また、猫用の歯ブラシを嫌がる場合は医療用のガーゼを指に巻きつけて歯磨きを行う方法もあります。

猫に歯磨き粉は必要?

猫用の歯磨き粉には猫が好む味付けがされている物もあるので、猫も抵抗なく歯磨きを受け入れるというメリットがあります。

しかし歯磨き粉を使わなくても歯垢は落とせるため、必ずしも使わなくて大丈夫です。

また人間用の歯磨き粉、特にキシリトール入りの歯磨き粉は低血糖の原因となる可能性があるので猫には厳禁です。

③猫の歯を露出させてから磨く

まずは猫の歯を露出させるために、前や後ろから猫の頭部を手でつかみ、上唇を親指でめくり上げます。

露出した歯を歯ブラシやガーゼでゴシゴシしてあげて歯垢を落とします。

歯石は特に奥歯(前臼歯・後臼歯)につきやすいので、この時に奥歯をしっかり磨いてあげることが重要です。

猫の歯磨きの動画

実際に猫の歯磨きを行っている動画を観るとイメージがつきやすいので参考にしてください。

猫の歯磨き用のおもちゃ

飼い主さんがあれやこれやと手を尽くしても猫が歯磨きを嫌がり、どうしても猫の歯磨きができない場合もあるかと思います。

その場合は遊びながら噛むことで猫の歯も掃除できるようなおもちゃがありますので、試してみると良いでしょう。

【タイプ1】ハミガキじゃらし(たい焼き)

猫じゃらしタイプのおもちゃで、猫がおもちゃを噛むと歯垢が落ちる仕組みになってます。ただ飽きやすい猫では効果は低いかもしれませんね。

【タイプ2】ハミガキおもちゃグリーン

こちらは猫が好んで噛んでくれるようにまたたび入りのおもちゃです。またたび好きな猫にはお勧めかもしれません。

猫の歯磨き用おもちゃは飼い主さんが直接ブラシを使って歯を磨くのと比べると効果は低いです。ただ何もしないよりは遥かに効果があると思いますので、歯磨きができない子にはおすすめです。

まとめ

猫の歯磨きの必要性や方法、コツに関しては以上になります。

動物病院では来院するほとんどの老齢の猫に歯周病や歯肉炎が見られます。また、中には歯が全て抜け落ちてしまっている猫もいます。

これらは飼い主さんが猫が若いうちから歯磨きをしてあげることで防げます。

愛猫の歯の健康のためにも、この機会にぜひ歯磨きにトライしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
書いた人

著者:サワキ ショウタロウ



動物病院勤務の獣医師(8年目)。神奈川県横浜市出身。飼い主さんがネットに氾濫する誤った情報に騙されない為にサイトを設立。獣医師による正しい知識を提供してます。多忙な毎日ですが、暇を見つけてTwitterやサイトを更新。フォロー・ブックマークしていただけると嬉しいです。

詳しいプロフィールとサイト理念はこちら

トップへ戻る