【獣医師監修】安全性の高いキャットフードの選び方とおすすめのフードについて



この記事では、キャットフードの安全性について、1歳以上の成猫の正しいフードの選び方獣医師としておすすめ出来る安全性の高いキャットフードを紹介しています。

どのキャットフードが安全か分からない獣医師による正しいキャットフードの知識を知りたいという飼い主さんは、ぜひとも最後まで呼んでいただけると幸いです。

キャットフードの安全性

まず、飼い主さんに知っておいて欲しいことはキャットフードの安全性についてです。

というのも、ディスカウントストアなどで大量に販売されている格安のキャットフードの中には猫に害のある人口添加物を始め、死んだ家畜の肉を再利用しているフードや、悪性腫瘍などの病気になった家畜を丸ごと使用しているフードもあるからです。

安いからといってそのような粗悪なキャットフードを選んでしまわないように、必ず確認すべきポイントを説明していきます

ポイント①「肉類」に注意

まず、キャットフードの原材料をフードのパッケージの裏面で確認します。

通常、たんぱく質の原材料として鶏の肉を使用した場合は「鶏肉」などと記載されますが、「肉類」と記載されている場合もあります。

肉類というのは、家畜動物の肉以外の部分が含まれている場合に使用する表記であるため、粗悪なフードの場合では家畜動物の糞や尿を含む内臓、くちばし、羽、足、更には病気の家畜動物の腫瘍などが丸ごと含まれている場合もあります。

家畜の遺体を再利用している場合も

最も注意したい点は、人間用に出荷できなった家畜の死骸を動物用のフードに再利用する場合。つまり既に死んでしまった家畜動物を再利用している場合です。

これらの死骸を使用している場合は既に死骸で繁殖している大腸菌などの細菌がフードを汚染するため、最悪の場合はフードが原因で病気になってしまうこともありえます。

②人工添加物に注意

酸化防止剤に使われる人工添加物であるBHA(ブチルヒドロキシアニソール)とBHT(ブチルヒドロキシトルエン)には注意が必要です

キャットフードでは酸化の防止や悪臭を押さえるための保存料として使用されていますが、
発癌性が認められているため、今では基本的に使用が禁じられています。

使用が禁止されていながら、粗悪なキャットフードでは使用されている場合もあるため、やはり信頼性の低いフードを選ぶべきではありません。

③成分表示偽装にも注意

また、成分の表示偽装を行なっている悪質なフード業者もあります。

ある研究ではキャットフードの40%近くに表示偽装があると報告した研究結果もあるほどです。

ディスカウントストアで格安で購入できるような海外産の激安のキャットフードでは、そういった表示偽装を行なっている場合が多くあることを知っていなければなりません。

キャットフードの選び方

では、結局のところ愛猫にはどのようなキャットフードを選べば良いのか。二つの重要なポイントを説明します。

①安全性と信頼性の高いフード

上記のような理由からディスカウントストアで格安で大量に売っているようなキャットフードは外国産・国産を含めて安全性が確立されていないため、動物病院で取り扱うことは100%ありえません。

国産のキャットフードであっても人工着色料や猫に害のある添加物を使用しているフード会社もあるからです

では安全性の確立されている信頼性の高いフードはどれかという話ですが、基本的には動物病院で取り扱っているフードは全て安全性が確立された信頼性の高いフードです。

以下では動物病院で取り扱いのあるキャットフードの中からおすすめを紹介します。

②高たんぱく質・低炭水化物のフード

猫は元来肉食動物であり、たんぱく質や脂質から十分なエネルギーを生成することが出来ます。

また、肉食動物の猫は穀物を消化・吸収する体内のシステムが発達していません。そのため、穀物が含まれるフードに対してアレルギー反応が起こる確率が高いことも特徴です

上記のような理由から、猫に炭水化物はあまり必要ではありません。

炭水化物が多く含まれるフードを食べていると、代謝されない炭水化物が猫の体内に脂肪として蓄積されていき肥満の原因、更には糖尿病などの病気にも繋がっていきます。

獣医師おすすめの猫のフード

では、どのフードが良いのか?

実際に動物病院で取り扱っている安全性が確立され信頼性の高いフードを紹介します。

①低価格帯

1キロ当たり1000円程度でのキャットフードであれば、ヒルズやロイヤルカナンのフードがおすすめできます。

*推奨フード:ヒルズサイエンスダイエット成猫用 、ロイヤルカナン室内成猫用

ヒルズ、ロイヤルカナンは高い信頼性が確立されているため、現在ではほとんどすべての動物病院で取り扱っています。また、各社の療法食も動物病院では病気の猫たちに処方しています。

高い信頼性と安全性からヒルズとロイヤルカナンのフードは飼い主さんにおすすめできるフードです。

②高価格帯

1Kg当たり2000円を超えても安全性を優先したい飼い主さんにはグレインフリープレミアムキャットフードがおすすめです。

*推奨フード:モグニャンキャットフード カナガンキャットフード 

→共に穀物不使用のフードです。グレインフリーのキャットフードの中では上記二つを私が勤務する動物病院で採用しており、飼い主さんからの評判も非常に良いのでおすすめです。

また、上記二つのフードは使用している原材料の全てが人間が食べることが出来るレベルでの安全性が確立されているため、高いフードの信頼性という観点からも自信を持っておすすめ出来ます。

愛猫の健康のためにフードの安全性と品質を最優先にし、値段を一切抜きにして考えた場合には、グレインフリーのプレミアムキャットフードが最もおすすめです。

まとめ

安全性の高い猫のフードの選び方はこれで以上になります。

粗悪なキャットフードも最近では少なくなってきたように感じますが、ディスカウントストアなどではまだまだ売られているのが現状です。

愛猫が生涯食べるキャットフードは病気の発生率と生涯寿命に大きな影響を及ぼします。

安いからといって粗悪なキャットフードを選ばずに、まずは安全性の確立されたフードを選ぶようにして下さい。

それが愛猫と出来る限り長く一緒にいるために非常に大切なことだからです

書いた人

著者:サワキ ショウタロウ



動物病院勤務の獣医師(8年目)。神奈川県横浜市出身。飼い主さんがネットに氾濫する誤った情報に騙されないようにする為にサイトを設立。獣医師による正しい猫の知識を提供していきます。多忙な毎日の中、暇を見つけてはTwitterやサイトを更新中。フォロー大歓迎。

詳しいプロフィールとサイト理念はこちら

スポンサーリンク
トップへ戻る