【獣医師監修】”動物の死骸を再利用も!?” キャットフードに潜む危険性と、本当に良いフードについて

この記事では、キャットフードの安全性についてや、寿命を伸ばすための正しいフードの選び方、そして獣医師推奨のキャットフードを紹介しています。

愛猫に本当に正しいキャットフードを与え、出来るだけ長く、そして健康に生活できるようにするためにも、ぜひ最後まで読んでいただけると幸いです。

市販のキャットフードに潜む危険性

まず、キャットフードの安全性について説明していきます。

現在、ディスカウントストアなどで大量に販売されている格安のキャットフードの中には、人口添加物を始めとする猫に有害物質を含んでいるキャットフードも多く出回っています。

さらには、死んだ家畜の肉を再利用しているフードや、悪性腫瘍などの病気になった家畜を丸ごと動物用シュレッダーにかけて使用しているキャットフードも販売されているのはご存知でしょうか?

それらは、購入者に分からないように巧妙に偽装されています。

「安いから」という理由で粗悪で有害なキャットフードを選んでしまわないように、まずはキャットフードを選ぶ際に確認すべきポイントを説明していきます

①「肉類」に注意

まず、キャットフードの原材料をパッケージの裏面で確認してみましょう。

通常、たんぱく質の原材料として鶏肉を使用した場合は「鶏肉」と記載されますが、中には「肉類」と記載されているキャットフードがあります。

この肉類という表記は、家畜動物の「肉以外の部分」が含まれている場合に使用する表記で

粗悪なキャットフードでは、家畜動物の糞尿を含む内臓や、くちばし、羽、足、更には「病気の家畜動物の腫瘍」などが丸ごと含まれている場合もあります。

家畜の死骸を再利用している場合も

格安のキャットフードの中には、ヒトの食用に出荷できなった家畜の死骸を、キャットフードに再利用しているものがあります。つまり既に死んでしまった家畜動物を再利用しているキャットフードです。

家畜動物の死骸を原材料に使用している場合は、既に腐敗している場合も多々あり、大腸菌などの細菌がキャットフードを汚染します。

これにより、キャットフードが原因で猫が病気になってしまうこともあるのです。

②人工添加物に注意

人工添加物、BHA(ブチルヒドロキシアニソール)とBHT(ブチルヒドロキシトルエン)が含まれている場合があります。

これは酸化防止剤として一昔前に頻繁に使用されていたものですが、現在は発癌性が確認されたため、使用が禁じられています。

使用が禁止されていながら格安のキャットフードでは使用されている場合もあるため注意してください。

③成分表示偽装に注意

また、キャットフードの成分表示の偽装を行なっている業者も、未だに数多くあります。

キャットフードの成分表示には、未だ法的に不透明な部分も多く、英国の大学の研究チームによれば「キャットフードの40%近くに表示偽装がある」とする研究論文が発表されているほどです。

悪質なキャットフードの業者は、上記で説明した肉類や人工添加物を使用していながら、使用していない体を装い、何食わぬ顔で販売しているのです。

正しいキャットフードの選び方

では、本当に猫の身体に良いキャットフードを与え、愛猫に長生きしてもらうためにはどのようなキャットフードを選べば良いのか。

ここで、二つの重要なポイントを説明します。

①安全性・信頼性を確認

まず、ディスカウントストアで格安で売っているようなキャットフードは、外国産・国産を含めて安全性が確立されていないことがほとんどです。

そのため、それらのキャットフードを動物病院で取り扱うことは100%ありません。

国産のキャットフードであっても人工着色料など、人工添加物を使用している会社も多くあるからです。

では「安全性・信頼性の高いキャットフードはどれか」という話ですが「動物病院で取り扱いされてるかどうか」が分かりやすい基準だと思います。

我々獣医師は、取り扱うキャットフードの業者はもちろんのこと、その栄養成分や原材料の質、工場での生産過程、輸入経路に至るまで精査し、そのキャットフードを自分の病院で販売するかどうかを決定しています。

ゆえに、動物病院で取り扱いのあるキャットフードに関しては、安心して与えて問題無いでしょう。

②猫の食性に合わせた高タンパク質・低炭水化物

本来、完全肉食動物である猫は、健康を維持するために大量のタンパク質を必要とし、さらにはタンパク質から十分なエネルギーを生成することが出来ます。そのため、猫に炭水化物はほとんど必要ありません。

また猫は炭水化物を消化する能力が低く、過剰な炭水化物は猫の体内に脂肪として蓄積されていき、糖尿病などの病気に繋がります。

しかし、市販のキャットフードは「フードのカサ増し」のために、とうもろこしなどの穀物をふんだんに使用しているため、タンパク質の量が少なく、炭水化物の多い「低タンパク・高炭水化物」の栄養成分になってしまいます。

猫はタンパク質が不足すると、毛並みが悪くなり、内臓機能が落ち、さらには免疫力が低下していきます。

そのため、市販の穀物が含まれているキャットフードでは、本来、猫が健康を維持していくために必要なタンパク質を確保することが出来ないのです。

獣医師おすすめのキャットフード

上記で説明したように猫におすすめのキャットフードは

・安全性が確立されている

・高タンパク質・低炭水化物の栄養成分

・穀物不使用(グレインフリー)

この3つの条件を満たすキャットフードであることはお分かりいただけだでしょうか。

ここでは、実際に私の動物病院で取り扱っているキャットフードを紹介させていただきます。

モグニャンキャットフード

*参照:モグニャンキャットフード 

モグニャンキャットフードは、現在、数多く販売されている穀物不使用(通称:グレインフリー)のキャットフードの中でも代表的な存在です。

上記の3つの条件を満たし、飼い主さんからの評判が最も良いため、現在私の勤務する動物病院で取り扱っています。

以下でおすすめのポイントを説明します。

①原材料が全て「人間が食べることができる」ものだけを使用

モグニャンキャットフードは、原材料が全て「人間が食べることができる」ものだけを使用し、工場での生産過程から出荷・輸入過程も全て厳格に管理されています。

原材料の安全性、さらには製造工程まで安全性が確立されいるため、猫に有害な成分は一切含まれていないことが保証されています。

②穀物を一切使用せず、高タンパク質・低炭水化物を実現

フードのカサ増しのための穀物を一切使用していません。代わりに良質な鶏肉をふんだんに使用しています。

そのため、栄養成分も「高タンパク質・低炭水化物」であることに加え、十分量のビタミン・ミネラル、そして食物繊維が過不足なく含まれています。

猫が健康を維持するために必要な栄養が全て含まれているのです。

③食いつきが最も良い

そして特筆すべきは、モグにゃんキャットフードはフードの香りに徹底的にこだわって開発されている点です。

*参考動画

そのため、数多く販売されているグレインフリーのキャットフードの中で最も食いつきが良く、モグニャンキャットフードに関しては「せっかく買ったのに食べない」という心配をする必要はありません。

以上のような点から、モグニャンキャットフードは獣医師からも自信を持っておすすめできるキャットフードなのです。

*購入はこちらから可能です

公式サイト:モグニャンキャットフード 

まとめ

市販のキャットフードに潜む危険性や、正しいキャットフードの選び方についてはこれで以上になります。

愛猫が生涯食べるキャットフードは、病気の発生率と生涯寿命に大きな影響を及ぼします。

愛猫と出来る限り長く一緒に暮らしていくためには、安いからといって粗悪なキャットフードを選ばず、本当に猫の身体に良いキャットフードを選ぶことが大切です。

【この記事をシェア】

トップへ戻る