【獣医師監修】キャットフードの安全性や選び方とおすすめのフードについて



動物病院では猫の飼い主さんから「結局どのキャットフードが一番良いか?」と質問されることが多々あります。

今回はそんな疑問に答えるため、キャットフードの安全性、キャットフードの選び方、そしておすすめのキャットフードを紹介しています。

「正しいキャットフードの知識を知りたい」という飼い主さんにも、ぜひとも最後まで読んでいただけると幸いです。

キャットフードの安全性について

まず、キャットフードの安全性について知っておきましょう。

というのも、ディスカウントストアなどで大量に販売されている格安のキャットフードの中には猫に害のある人口添加物を始め、死んだ家畜の肉を再利用しているフードや、悪性腫瘍などの病気になった家畜を丸ごと使用しているフードもあるからです。

安いからという理由で粗悪なキャットフードを選んでしまわないように、まずは確認すべきキャットフードのポイントを説明していきます

①「肉類」に注意

まず、キャットフードの原材料をフードのパッケージの裏面で確認してみましょう。

通常、たんぱく質の原材料として鶏の肉を使用した場合は「鶏肉」などと記載されますが、「肉類」と記載されている場合もあります。

肉類というのは、家畜動物の肉以外の部分が含まれている場合に使用する表記で

粗悪なキャットフードの場合では家畜動物の「糞や尿を含む内臓」くちばし、羽、足、更には「病気の家畜動物の腫瘍」などが丸ごと含まれている場合もあります。

家畜の遺体を再利用している場合も

最も注意したい点は、人間の食用に出荷できなった家畜の死骸をキャットフードに再利用する場合、つまり既に死んでしまった家畜動物を再利用しているキャットフードです。

このような家畜動物の死骸を原材料に使用している場合は、大腸菌などの細菌がキャットフードを汚染するため、最悪の場合はキャットフードが原因で病気になってしまうこともありえます。

②人工添加物に注意

酸化防止剤に使われる人工添加物であるBHA(ブチルヒドロキシアニソール)とBHT(ブチルヒドロキシトルエン)には注意しましょう。

以前はキャットフードの酸化防止のための保存料として頻繁に使用されていましたが、発癌性が確認されたため今では使用が禁じられています。

使用が禁止されていながら中国産などの粗悪なキャットフードでは使用されている場合もあるため、信頼性の低いキャットフードを選ばない方が良いでしょう。

③成分表示偽装に注意

また、キャットフードの成分の表示偽装を行なっている悪質な業者も未だに数多くあります。

*「キャットフードの40%近くに表示偽装がある」と報告した研究結果もあるほど

そのような悪質な業者は、上記で説明した肉類や人工添加物を使用していながら、使用していない体を装って何食わぬ顔で販売しているのです。

ディスカウントストアで格安で購入できるような海外産(特に中国産やその他東南アジア産)の激安のキャットフードでは、成分の表示偽装を行なっている可能性が高いことを知っていなければなりません。

キャットフードの選び方

では、愛猫にはどのようなキャットフードを選べば良いのか。二つの重要なポイントを説明します。

①安全性・信頼性が高い

まず、ディスカウントストアで格安で売っているようなキャットフードは外国産・国産を含めて安全性が確立されていないため動物病院で取り扱うことは100%ありません。

国産のキャットフードであっても人工着色料などの人工添加物を使用している会社も多くあるからです。

では安全性・信頼性のキャットフードはどれかという話ですが「動物病院で取り扱いがあるかどうか」が分かりやすい基準だと思います。

我々獣医師は取り扱うキャットフードの業者はもちろんのこと、その栄養成分や原材料の質、工場での生産過程、輸入経路に至るまで精査し取り扱うかどうかを決定しているからです。

②高たんぱく質・低炭水化物

人間は炭水化物からエネルギーを生成しますが、肉食動物である猫はタンパク質から十分なエネルギーを生成することが出来ます。

そのため猫に炭水化物はほとんど必要ありません。

炭水化物が多く含まれるキャットフードを食べていると、代謝しきれない炭水化物が猫の体内に脂肪として蓄積されていき肥満の原因、更には糖尿病などの病気にも繋がります。

また猫は、肉を主食とするため「穀物(とうもろこしなど)」を消化・吸収する体内のシステムが発達していません。そのため、穀物が含まれるキャットフードに対してアレルギーが起こりやすいことにも注意しなければならないのです。

安全でおすすめのキャットフード

上記で説明したように猫におすすめのキャットフードは

・安全性が確立されている

・高タンパク質・低炭水化物の栄養成分

・穀物不使用

この3つの条件を満たすキャットフードです。

ここでは実際に動物病院で取り扱いのある安全性が確立された信頼性の高いキャットフードを紹介します。

モグニャンキャットフード

*公式サイト:モグニャンキャットフード 

モグニャンキャットフードは穀物不使用(グレインフリー)のキャットフードの中でも代表的な存在です。上記の3つの条件を満たし、私の動物病院でも飼い主さんから評判が非常に良いのでおすすめです。

また、モグニャンキャットフードの原材料が全て「人間が食べることができる」ものだけを使用し、イギリスでの工場での生産過程から出荷・輸入過程も全て厳格に管理されています。

その栄養成分も「高タンパク質・低炭水化物」であることに加え、十分量のビタミン・ミネラル、そして食物繊維が過不足なく含まれている点もおすすめできる理由です。

そして特筆すべき点は、猫の好む匂いに徹底的にこだわっておりグレインフリーのキャットフードの中で最も食いつきが良い点です。

この動画からも分かるように3匹の異なる猫に与えた場合でも食いつきは100%です。

キャットフードの変更後に「愛猫が食べてくれるか心配」という場合でも、モグニャンキャットフードなら心配はいらないでしょう。

以上のような点から、モグニャンキャットフードは獣医師としても自信を持っておすすめできるキャットフードです。

*公式サイト:モグニャンキャットフード 

まとめ

キャットフードの安全性やおすすめのキャットフードについてはこれで以上になります。

粗悪なキャットフードも最近では少なくなってきたように感じますが、ディスカウントストアなどではまだまだ売られているのが現状です。

愛猫が生涯食べるキャットフードは病気の発生率と生涯寿命に大きな影響を及ぼします。

安いからといって粗悪なキャットフードを選ばずに、安全性の確立されたキャットフードを選んでくださいね。

スポンサーリンク
書いた人

著者:サワキ ショウタロウ



動物病院勤務の獣医師(8年目)。神奈川県横浜市出身。飼い主さんがネットに氾濫する誤った情報に騙されない為にサイトを設立。獣医師による正しい知識を提供してます。多忙な毎日ですが、暇を見つけてTwitterやサイトを更新。フォロー・ブックマークしていただけると嬉しいです。

詳しいプロフィールとサイト理念はこちら

トップへ戻る