【獣医師監修】正しい子猫のフードの選び方と発育段階毎の適切な量や与え方について



この記事では、子猫の年齢毎におすすめのフードと正しい量や与え方について説明しています。

子猫を飼い始めて何をどれだけ与えればいいのか分からない飼い主さんや、獣医師による正しい知識を知っておきたい飼い主さんは最後まで目を通していただけると幸いです。

子猫のフードの種類や量は年齢によって変わる

子猫のフードは人間の赤ちゃんと同じように、生まれてから大人になるにつれて、その発育ステージに合わせて種類や量が変わっていきます

そのため、子猫が正常にスクスクと育つためには飼い主さんが子猫の発育ステージに合わせたフードを正しく選択し、適切な量を与えることが一番重要になります。

生まれてから生後3週目までの子猫のフード

母親の母乳を与えることが一番大事

生まれたての子猫はまず母猫の母乳を飲みます。

母猫の母乳には子猫の体を守ってくれる抗体という成分が多く含まれるため、猫の赤ちゃんが母乳を飲むことは非常に重要です。

そのため、母猫の母乳を飲める場合は何よりもまず母乳を飲ませることを優先にしてください。それが一番良い選択です。

*母親の母乳の重要性は猫のワクチンに関する記事でも解説しています

母猫の母乳が飲めない場合

母乳が出ない母猫の場合や、保護した子猫には人工授乳が必要です。

生後3週目頃から離乳が始まりますが、それまでは市販の子猫用のミルクを与えて下さい。人肌に温めて、子猫用の哺乳瓶に入れて飲ませてあげます。

*推奨キャットミルク:ロイヤルカナンベビーキャットミルク子猫用 、子猫用哺乳瓶

→ロイヤルカナンのベビーキャットミルクはほとんど全ての動物病院で取り扱っていますので安心して飲ませて大丈夫です。数多くあるキャットミルクの中でも上記のロイヤルカナンのキャットミルクがおすすめです。

子猫に牛乳を与えることはおすすめできない

子猫が市販の子猫用のミルクを飲まないからといって、牛乳を与えることはおすすめできません。牛乳が原因で、子猫が下痢してしまうことがあるからです。

できる限り子猫用のミルクを与えてください。

生後3〜8週目までの子猫のフード(離乳期)

キャットミルクから離乳食へ切り替える時期としては、子猫に乳歯が生える生後3週目頃が目安になります。

子猫用のミルクと子猫用のキャットフード

離乳期は子猫用ミルクに加えて、子猫用フード(ドライフードやウェットフード)を少しずつ与え始めます

子猫用ミルクの量を少しずつ減らしていき、代わりに子猫用フードの量を増やしていきましょう。通常は生後6~8週目あたりで、ミルクを与えない食事内容に変更します。

*推奨フード:ロイヤルカナン成長前期の子猫用フード

この時期の子猫のフードは後々の発育状況に大きな影響を与えるため、スーパーなどに売っている安い子猫用のフードではなく、ロイヤルカナンの子猫用フードを与えることをおすすめしています。

注意:人間用のベビーフードは与えてはいけない

時折、市販の人間用のベビーフードを子猫の離乳食として与える飼い主さんをお見かけしますが、人間用のベビーフードは絶対に与えてはいけません

理由として子猫が必要とする栄養バランスとして最適ではないのと、子猫の中毒発症のもとになるオニオンパウダー(タマネギ)を含んだものもあるからです。

 

猫の食物中毒に関する記事はこちらを参考にしてください

生後2〜3ヶ月の子猫のフード

良質な子猫用フード

子猫は生まれてから生後3ヶ月目までは急激なスピードで成長します。

この時期に子猫が栄養不足なままですと発育不良になってしまいます。そのため、この時期は十分なエネルギーを確保できる良質の子猫用フードを与えることが大切です。

子猫の様子を見ながら、子猫用フードの製品パッケージに記載されている給与量にしたがって子猫の食事量を決めます。

与えるフードは、上記のロイヤルカナン成長前期の子猫用フードが最もおすすめです。

生後4ヶ月〜12ヶ月の子猫のフード

生後4ヶ月目以降は、子猫の成長スピードが少し遅くなります。

それに合わせて徐々に子猫の必要エネルギー量が減りますので、子猫の食事のエネルギー量を調整する必要があります。

生後4ヶ月〜12ヶ月齢用のフード

4ヶ月目以降は、今まで与えていた成長前期用の子猫用フードでは栄養が高すぎるため以下のような成長後期向けのフードへの変更が必要です。

*推奨フード

ロイヤルカナン 成長後期 子猫用フード / ヒルズ子猫用ウェットフード(缶詰) / ヒルズ子猫用ドライフード

ヒルズもロイヤルカナンと同じくほとんどの動物病院で扱う信頼性の高いフードです。上記以外にもいくつか味の異なるフードもありますので、食いつきが悪い場合は味を変更することをおすすめします。

子猫のフードの正しい量と与え方について

生後2〜3ヶ月齢:フードは小分けにする

生後2〜3ヶ月目の子猫は、体重あたりで換算すると成猫の3倍近くのエネルギー量を必要としますが、まだまだ大人の猫よりも胃が小さいので一度にたくさんの量を食べられません。

そのため、食べたご飯を十分に消化・吸収するために高栄養の子猫用フードを1日に3~5回に小分けして与えてください。

適正量を与えているのに残す場合もある

子猫が食べ残しをすると「子猫に食欲がない」と思ってしまうかもしれませんが、子猫は胃がまだ小さいために、一度にたくさんの量を食べることができないのです。

また、1日何回にも分けて食べたり、多量の食事を求めると「子猫が食欲旺盛すぎるのでは」と心配するかもしれません。

これも、子猫は最も栄養が必要な時期は体重あたりの必要エネルギーが成猫の3倍にもなるので、食欲があるのはむしろ健康な証拠だと言えます。

また子猫の発育速度は各猫によって異なるため、食欲や消化吸収力には個体差があると知っておくことも大切です。

生後4ヶ月齢〜

子猫は生後4ヶ月目、7ヶ月目頃を目安に食事の給与量も変わります。子猫用フードの給与量表示に従って、子猫の食事量を変更しましょう。

また、この時期の子猫もまだ成猫のように食事を一度にたくさん食べられるほど胃が大きくありません。

しばらくは1日3回を目安に食事を与え、必要な栄養素を満たすようにします。

ドライフードを食べない時はお湯でふやかす

子猫の中にはカリカリのドライフードを最初から好む子猫もいますが、食べ物だとすぐに認識してくれない子猫や顎の力が弱くまだ噛み砕けない子猫もいます。

そのような場合は子猫用のやわらかいウェットフードを与えたり、ドライフードを水やお湯でふやかしたものを与えてみましょう。

子猫におやつは与えていい?

人間の食べ物は子猫には与えてはいけない

飼い主さんの中には、おねだりをする子猫が可愛すぎて人間の食べ物をついあげてしまう方もいるかと思います。

ですが人間の食べ物は、猫にとって有害なほどの塩分が含まれていたり、また中毒性のある食べ物の場合もあるため、極力与えてはいけません。

*猫に与えると中毒を起こす危険性のある食べ物に関しては猫に与えてはいけない食べ物リストを参考にしてください

子猫のしつけにとっても重要

子猫におねだりされても人間の食べ物を与えないようにしていれば、子猫はやがて欲しがらなくなり、主食である総合栄養食の猫用フードをしっかり食べる猫に育ちます。

これは食のワガママをさせないというしつけの意味で非常に重要なことです。

子猫が好きな人間の食べ物ばかりを食べさせると、主食である総合栄養食の子猫用フードが二の次になります。そうなってしまった場合、子猫は必要な栄養を摂れず十分な発育が妨げられてしまいます。

まとめ

子猫におすすめのフードの選び方や与えるべき適切な量、フードの与え方に関しては以上になります。

繰り返すようですが、子猫の時に正しいフードを必要十分な量与え、成長に必要な栄養を採ることは成猫になってからの病気の発生率にも関わり、寿命に大きな影響を与えます

飼い主さんの家族となった愛猫なのですから、安いからといってディスカウントストアに売っている激安のフードを選ぶのではなく、子猫用に作られた信頼性の高いフードを与えること。

それが愛猫と長く人生を共にするために大切なことです。

書いた人

著者:サワキ ショウタロウ



動物病院勤務の獣医師(8年目)。神奈川県横浜市出身。飼い主さんがネットに氾濫する誤った情報に騙されないようにする為にサイトを設立。獣医師による正しい猫の知識を提供していきます。多忙な毎日の中、暇を見つけてはTwitterやサイトを更新中。フォロー大歓迎。

詳しいプロフィールとサイト理念はこちら
スポンサーリンク
トップへ戻る