しっぽの動きから読み取る猫の気持ち



自分の感情を犬のようにあからさまには表現する猫は、どちらかといえば少ないでしょう。

猫の感情を読み取るためには、一緒に暮らした長い時間とお互いの親密さが大切です。しかし、猫は自分の感情をしっぽの動きで表現しているのはご存知ですか?

猫が嬉しい時のしっぽの動き

①しっぽをピンと立てる

猫がしっぽをピンと立てているときは、飼い主さんに「甘えたい」「撫でて欲しい」「遊んで欲しい」などの気持ちを表しています。また「餌が欲しい」や「水が飲みたい」など、飼い主さんに「おねだり」するときもしっぽをピンと立てる猫が多いです。

これは、子猫が母猫に近づくときによく見られる行動で、子猫が母猫にお尻を舐めてきれいにしてもらうための名残りという説もあります。つまり飼い主さんを母猫のような存在と思って、甘えてくるということです。

②しっぽをゆっくり左右に振る

猫が寝そべりながら、しっぽを大きくゆっくり左右に振っているときは「リラックス」や「安心」している時です。

また、何かを凝視しながらしっぽを大きくゆっくり振ることを繰り返している場合は、猫が考え事をしている場合によくみられます。

*リラックスしながらしっぽを左右に振るスコティシュ

リズムを付けて左右に大きく振っているときは、猫同士が喧嘩をする際に相手に自分を大きく見せることで「強いんだぞ」というアピールしている場合もあります。

猫がイライラしてる時のしっぽの動き

①しっぽを鞭のようにペシペシ地面に叩きつける

犬がしっぽを左右に振っているときは機嫌が良い、と言われていますが、猫の場合は不機嫌なときや不快なときにもしっぽを左右に振ります。猫がイライラしている時は、まるでしっぽを鞭のように使い、地面をペシペシと叩きます。

*仲良く無い同居猫がそばにいてイライラしている猫

猫が嫌がっているのに飼い主さんが無理やり抱っこをしているときや、同居猫との関係性などで猫がストレスを感じている時にこのしっぽの動きをします。

*こちらの猫も後ろで毛づくろいしている猫のことをやかましく思ってイライラしているのでしょう

猫のしっぽがこのような動きをした場合は、猫に触りたい気持ちをちょっと我慢してあげて、飼い主さんが猫を無理やり抱っこしたり、無理に触ったりするのをやめてあげることが大事です。

猫が怖がる時のしっぽの動き

①しっぽの毛を逆立てている

しっぽの毛が逆立っていときは、驚いたときや恐怖を感じているときです。

大きな物音がしたり、見慣れないものがあるときなどによく見られ、臆病な猫はこのような状態になりやすいです。この状態は威嚇や猫が相手を「攻撃する」という気持ちも表しています。そのためしっぽを逆立ててる猫を無理に構うと、咬まれたり引っ掻かれるなどして人間が怪我をする可能性があります。

また、飼い主さんが猫を無理に触ったり、いたずらしたり、また猫が知らない人に触られることでもしっぽの毛を逆立てることがあります。この状態が続くことは、猫にとって強いストレスになるので、原因となるものを特定し対処するか、無理に触るのを止めて、猫が落ち着くまでそっとしてあげましょう。

②足の間にしっぽを入れる

猫が後ろ足の間にしっぽを挟み込むような行動が見られた場合は、強い恐怖を感じていたり、相手に服従しているというアピールです。掃除機や工事などの近くで大きな音がする場合や、自分より強いオス猫に出会ったときによく見られます。

この状態の猫はパニック寸前であったり、緊張状態であるため、手を出すと引っ掻かれる可能性があります。

掃除機の音を怖がる猫の場合は近くで使わない、物が落ちて大きな音が出ないようカーペットを敷く、近くで工事が行われたら防音対策をとるなど、猫を驚かせたりストレスをかけないように対応してあげることが大切です。

その他のしっぽの動き

寝ている時にしっぽの先だけちょこっと振る

猫が寝ている時に名前を読んだり、呼びかけたりすると尻尾の先だけを軽く振ることがあります。これは「聞こえてはいるけど返事をするのが面倒くさい」という気持ちの表れです。

猫なりに軽く返事をしている証拠なので、あまりしつこく呼びかけ続けるとイライラして尻尾を激しく左右に振るようになります。

「返事はしてあげたけど、動くのも鳴くのも面倒だし、ゆっくりしていたい」という気持ちの表れなので、あまり構わず猫をゆっくり寝かせてあげてくださいね。

しっぽが下がったまま

猫がしっぽを力なくだらんと下げている場合、体調がすぐれない時に尻尾をだらりと下げていることが多いので、猫の体に異変がないかチェックしてあげましょう。

書いた人

著者:サワキ ショウタロウ



動物病院勤務の獣医師(8年目)。神奈川県横浜市出身。飼い主さんがネットに氾濫する誤った情報に騙されないようにする為にサイトを設立。獣医師による正しい猫の知識を提供していきます。多忙な毎日の中、暇を見つけてはTwitterやサイトを更新中。フォロー大歓迎。

詳しいプロフィールとサイト理念はこちら

スポンサーリンク
トップへ戻る