【獣医師監修】グレインフリーのキャットフードのメリットとおすすめのフードについて



この記事では、グレインフリーのキャットフードのメリット獣医師としておすすめ出来るグレインフリーのキャットフードを紹介しています。

グレインフリーのキャットフードを購入したいけれどどれがいいのか分からない獣医師によるグレインフリーのメリットが知りたいといった飼い主さんはぜひ最後まで読んでいただけると幸いです。

グレインフリーのキャットフードとは?

グレインフリーのキャットフードとは、とうもろこしなどの穀物を一切使用せずに生産されたキャットフードです。

とうもろこしなどの安価な穀物をフードに混ぜ込むことでフードのカサ増しを行い生産コストを下げるために、基本的に市販されているキャットフードのほぼ全てにおいて穀物(小麦やとうもろこし)が含まれています

また、穀物は猫の食物アレルギーの原因にもなります。そのため、本来であれば穀物は一切使用しないキャットフードが理想的です。

最も良いのは穀物不使用で高たんぱく質・低炭水化物のフードですが、生産コストが非常に高くなるため、一般的に市販されている安価なフードでは実現できないのが特徴です。

グレインフリーのキャットフードのメリット

安全性が最高レベルに高い

グレインフリーのキャットフードは安全性が非常に高いこともメリットです。

肉類が含まれていない

まず、キャットフードの原材料をフードのパッケージの裏面で確認します。

通常、たんぱく質の原材料として鶏を使用した場合は「鶏肉」などと記載されますが、中には「肉類」と記載されている場合もあります。

肉類というのは、家畜動物の肉以外の部分が含まれている場合に使用するため、粗悪なフードの場合は家畜動物の糞や尿を含む内臓、くちばし、羽、足、更には病気の家畜動物の腫瘍などが丸ごと含まれている場合もあります。

*家畜の遺体を再利用している場合も

最も注意したい点は、既に死んでしまった家畜動物を再利用している場合です。

人間用に出荷できなった家畜の死骸を動物用のフードに再利用する場合があります。

これらの死骸を使用している場合は死骸で繁殖している大腸菌などの細菌がフードを汚染するため、最悪の場合はフードが原因で病気になってしまうこともあります。

人工添加物が含まれていない

殺虫剤やガソリンの酸化防止剤に使われる人工添加物であるBHA(ブチルヒドロキシアニソール)とBHT(ブチルヒドロキシトルエン)には注意が必要です

キャットフードでは酸化防止や悪臭を押さえるための保存料として使用されていますが、
発癌性が認められているため、今では基本的に使用が禁じられています。

使用が禁止されていながら、粗悪なキャットフードでは使用されている場合もあるため、信頼性の低いフードを選ぶべきではありません。

原材料が全て人間が食べることが出来るレベル

フードに使用している原材料の全てが人間が食べることが出来るレベルでの安全性が確立されているため、高いフードの信頼性という観点からもおすすめ出来ます。

食物アレルギーが起こりにくい

猫は元来肉食動物です。そのため、始めから肉以外の穀物を消化・吸収する体内のシステムが発達していません。

消化吸収するシステムが発達していない猫に穀物を与え続けると、アレルギー反応が起こりやすくなってしまいます

グレインフリーのフードであれば、穀物が一切使用されていない為、穀物アレルギーの発症の予防、さらには穀物アレルギー持ちの猫でも安心して食べることができるのです。

病気の予防につながる

高品質で安全性の高いキャットフードを食べている猫と低品質のキャットフードを食べ続けいる猫では、病気の発生率が大きく変わります。糖尿病や尿石症など多くの病気でそれは見られます。

人間でもハンバーガーやフライドポテトなどのジャンクフードを食べ続けている人と、野菜や果物・低脂肪の肉など健康的な食事を続けている人では明らかに病気になる確率が変わるのと同じ原理です。

ゆえに、猫の健康のためにもキャットフードの品質は非常に大切なのです。

獣医師おすすめのグレインフリーキャットフード

①カナガンキャットフード

私が勤務している病院で取り扱っているグレインフリーのキャットフードの中で、一番飼い主さんからの評判が良いのがカナガンキャットフードです。

安全性や品質はもちろん良いのですが、何よりも猫の食いつきが良く、愛猫のお気に入り度が非常に高いことで好評です。

また、ほぼ完璧の栄養バランスになっているため、子猫からシニアの猫まで食べさせることが可能な点もおすすめできる理由の一つです。

*公式サイト:カナガンキャットフード 

②モグニャンキャットフード

また「食いつき」や「嗜好性」を重視した場合にお勧めできるのがモグニャンキャットフードです。モグニャンはカナガンをベースに匂いや嗜好性を更に高めたフードです。

私の勤務している病院では、「食が細く、市販のフードをあまり食べてくれない」「他のグレインフリーのフードがイマイチ食いつきが悪い」といった猫の飼い主さんにおすすめしています。

実際にモグニャンだけは良く食べるという猫ちゃんもいるので、相当猫が好む香りのフードであることは間違いないでしょう。

香りにこだわりが強く、匂いによっては全く食べてくれないタイプの猫にはこちらがおすすめです。

*公式サイト:モグニャンキャットフード 

まとめ

グレインフリーのキャットフードに関してはこれで以上になります。

以前は知名度が低かったグレインフリーのキャットフードも、最近では安全性や品質の良さかた数多くの動物病院で取り扱いされるようになりました。

上記のフードは獣医師からも問題無く飼い主さんにおすすめできる品質です。もしも、グレインフリーのキャットフードをどれにしようか迷っていたらおすすめです。

ちなみに最寄りの動物病院で取り扱いがある場合は動物病院でも購入できますが、料金は公式サイトの方が動物病院の価格よりも安く新鮮度も高いので、公式サイトより購入するのが良いでしょう。

普段市販のキャットフードを食べさせている飼い主さんには、愛猫の健康のためにもぜひフードの切り替えを行って欲しいと思います。

書いた人

著者:サワキ ショウタロウ



動物病院勤務の獣医師(8年目)。神奈川県横浜市出身。飼い主さんがネットに氾濫する誤った情報に騙されないようにする為にサイトを設立。獣医師による正しい猫の知識を提供していきます。多忙な毎日の中、暇を見つけてはTwitterやサイトを更新中。フォロー大歓迎。

詳しいプロフィールとサイト理念はこちら

スポンサーリンク
トップへ戻る