【獣医師監修】”食いつきが悪い!”愛猫がフードを食べない時の対処法



この記事では、愛猫がフードを食べない時に考えられる原因と対処法について解説しています。

愛猫が「フードを食べない」「食いつきが悪い」「少食で困っている」という飼い主さんは、ぜひとも最後まで目を通していただけると幸いです。

猫がフードを食べない原因

猫が餌を食べない原因には大きく分けて「病気による体調不良」によるものと、「病気以外」によるものに大きく分かれます。今回は病気以外の原因を解説していきます。

①フードの匂いが原因

猫は動物の中でも特別嗅覚が発達しています。人間の嗅覚の1000倍〜10000倍とも言われています。

また猫の味覚は腐ったものを食べないように苦みや酸っぱさに対しては鋭敏に感じ取ることが出来ますが、甘みを感じないなど嗅覚に比べると遥かに劣ります。

そのため、猫は味覚よりもフードの匂いで餌の良し悪しを判断するのです。

猫はフードの匂いが好みでなければ食いつきが悪く食べません。

また、製造後時間の経ったフードでは匂いの劣化が起こるためフードの新鮮度も重要です。人間にとっては同じ匂いも、猫にとってはその違いは天と地ほどの差があるのです。

今までは食べていたけれど最近食べなくなったという場合は匂いの劣化も考えられます。

②フードの飽き

フードに飽きる猫もいます。

猫はこう見えても非常にグルメです。まずは発達した嗅覚でフードの匂いを味わい、そして食感、喉越し、口の中に広がる味でフードを十分に味わっています。

そのため、毎日食べているキャットフードがイマイチ好みに合っていない場合、飽きてしまいます。飽きてしまうと、少し食べてあとは放置という状態になってしまいます。

③環境の変化

愛猫の周囲を取り巻く環境が変化した場合もフードを食べなくなる場合があります。

新しい家に引っ越した、新しい家族を迎えた、フードを置く場所を変更したなどの環境変化は、テリトリー意識の高い猫にとって大きなストレスを与えます。

猫はストレスに非常に弱い生き物です

ストレスがかかっている状態では餌への食いつきが悪くなり、中には全く食べなくなってしまう猫もいるほどです。

④猫の老化

人間と同じように、猫も高齢になってくると運動量も減り、新陳代謝による消費カロリー量が若い頃に比べると大幅に減るため食が細くなるのが普通です。

老化により食が細くなると痩せてしまう猫もいます。肋骨がはっきりと触れるようになってくると要注意です。

その場合は普段食べているフードの量では十分な栄養を摂取できていないため、食べるフードの量を増やそうとするのではなく高品質・高栄養のフードへの切り替えが必要になります。

⑤猫の食性

一度に全てを食べる猫はどちらかと言えば少数派です。

猫は習性として餌を何度も分けて食べる場合が多いです。与えたフードを何度も分けて少しずつ食べている場合は、猫の食性によるものが多いため心配する必要は無いでしょう。

ただし、1日合計した時のフードの量が明らかに少ない場合は原因は食性ではなく上記の①〜④にあると思われます。

猫がフードを食べない時の対処法

①フードの見直し

上記のように、猫は好みに合わないフードや匂いが好きでは無いフードは食べません。また、食が細い猫の場合も単純にフードがあまり好みでは無いという場合も多くあります。

市販のキャットフードは生産コストを下げるために猫の好みに合わせた匂いや味にまでこだわって作られてはいません。

そのため市販の安いフードでは無く、本当に猫の好みに合わせて作られたフードへの変更が効果的です。

プレミアムキャットフード

ではどのフードが良いか。そこでおすすめなのがプレミアムキャットフードです。

現在は多くのプレミアムキャットフードと呼ばれるものが発売されていますが、おすすめはモグニャンキャットフード と、カナガンキャットフード です。

これらのプレミアムキャットフードは原材料の品質・安全性に徹底的にこだわっていることはもちろん、猫の食性に合わせた高タンパク質・低炭水化物の栄養バランス、そして何よりも猫の食いつきを最大限に高めるために匂いと味にも徹底的にこだわっているからです。

カナガンでも十分すぎるほどですが、モグニャンはカナガンを匂いと食いつきにこだわって更に改良したものであるため、匂いにこだわりが特に強い猫の場合はモグニャンがおすすめです。

*モグニャンキャットフードの食いつきがよく分かる動画もあるので参考にしてみてください。

*公式サイト:モグニャンキャットフード カナガンキャットフード

②環境の改善

食いつきが悪くなった原因が猫の周囲の環境の変化による可能性が高い場合は、愛猫の環境の改善が効果的です。

愛猫の落ち着く環境に改善できれば、おのずと食いつきも良くなると思われます。

③高品質・高栄養バランスのフードへの切り替え

また、老化により食が細くなってしまった場合、市販のフードでは栄養が足りなくなってしまいます。

猫は元来肉食動物であり、健康の維持のためには高品質のタンパク質が必要不可欠ですが市販のフードではフードのカサ増しのために加えられる穀物や炭水化物ばかりのフードがほとんどです。

食べる量は同じままでありながら必要な栄養素を摂取するためにも上記①で紹介しているプレミアムキャットフードがおすすめです。

①でも説明したように、プレミアムキャットフードでは高たんぱく質・低炭水化物、高食物繊維です。猫に必要な栄養素をこれほど完璧なまでに実現しているキャットフードは市販のものではありえません。

少食の高齢の猫では、高栄養バランスのキャットフードを食べさせることは病気の発生率や生涯寿命を伸ばすためにも特に重要です。

*公式サイト:モグニャンキャットフード カナガンキャットフード

まとめ

愛猫がフードを食べない時の原因や対処法についてはこれで以上です。

繰り返すようですが、猫にとってフードの匂いは何より重要です。匂いが好みでないフードを与え続けることは、人間でいう「まずいご飯を食べさせ続けている」ことと同じです。

愛猫の幸せのため、そして何より健康のためにも、今与えているキャットフードを見直すことが大切です。

書いた人

著者:サワキ ショウタロウ



動物病院勤務の獣医師(8年目)。神奈川県横浜市出身。飼い主さんがネットに氾濫する誤った情報に騙されないようにする為にサイトを設立。獣医師による正しい猫の知識を提供していきます。多忙な毎日の中、暇を見つけてはTwitterやサイトを更新中。フォロー大歓迎。

詳しいプロフィールとサイト理念はこちら

スポンサーリンク
トップへ戻る