【獣医が厳選】シニアの猫に本当におすすめのキャットフード



猫はシニア(高齢)になると腎臓の機能が低下し腎不全になりやすい動物です。

また、高齢になった際に「リンや塩分」が多く含まれている餌を食べ続けることは腎臓病の誘発・悪化原因になってしまいます。

この記事では、シニアの猫で注意すべき栄養素と、おすすめのキャットフードを紹介しています。

高齢の猫を飼っている飼い主さんは、愛猫の健康のためにもぜひ最後まで目を通していただけると幸いです。

シニア(高齢)の猫で注意すべき栄養素

①リン・塩分(ナトリウム)

まず注意したいのはリンと塩分(ナトリウム)です。

猫は高齢になり腎機能が低下してくると、それに伴って「リンの排出能力」が低下していきます(リンは腎臓から排出される)。

リンの排出が適切に出来なくなると血液中のリンの濃度が高くなります。そしてリンの血中濃度が高いと腎臓に悪影響を与え腎臓病を加速度的に悪化させてしまうのです。

そのため、シニアの猫では不要なリンや塩分は出来るだけ摂らないように気をつけなければなりません。

②タンパク質

高齢の猫ではタンパク質にも注意が必要です。

猫の体内ではタンパク質が分解吸収される際に同時に「尿素」と呼ばれる物質が生成されます。この尿素は猫が腎臓病の場合に悪影響を与えます。

高齢の猫で腎不全の症状が出ていない場合でも腎機能の低下がひっそりと進行している場合もあります。

そのため、高齢の猫(潜在的腎不全の場合)ではタンパク質量を制限する必要性があるのです。

③タウリン

リンや塩分、タンパク質の摂取量を制限する一方で、「タウリンの不足」にも気をつけなければなりません。

多くの猫では高齢になると食が細くなりますが、キャットフードを食べる量が減ってしまった時に懸念されるのがタウリン不足です。

タウリンはアミノ酸の一種で、肝臓や心臓の機能を正常に保つ働きがあります。

タウリンが不足してしまうと、網膜の萎縮、腎機能の低下、心筋症、繁殖能力の低下、骨の成長不全など様々な病気になってしまういます。

人間や犬ではこのタウリンを体内で作り出すことができますが猫ではできません。

そのため、猫はキャットフードから十分量のタウリンを摂取する必要性があるのです。

シニアの猫におすすめのキャットフード

このようにシニアの猫では、腎臓病の予防のため「リンと塩分が制限されている」「タンパク質が多すぎない」「十分量のタウリンが配合されている」キャットフードが理想的です。

ここでは、シニアの猫にとって理想的な栄養成分で作られたおすすめのシニア向けキャットフードを紹介します。

ヒルズのシニア向けキャットフード

ヒルズのシニア向けキャットフードが一番おすすめです。

ヒルズはチェコのブランドですが、高い品質と信頼性、今までの実績からほとんどの動物病院で採用されているフード会社です。

ヒルズのシニア向けキャットフードは現在五種類発売されており、「肥満猫向け」や「室内飼育向け」など、タイプ別に栄養成分が微調節されていることもおすすめ出来るポイントです。

【ヒルズのシニア向けフード比較】

  シニア(ノーマル) ライト 避妊・去勢済向け 室内飼育向け 毛玉の予防
チキン/まぐろ チキン
体重ケア
毛玉ケア

また、5種類どのキャットフードもリン・塩分の制限タウリンの十分な配合、適切なタンパク質の量が考慮されて作られています。

シニア猫向けキャットフードをどれにしたらいいかよく分からないという飼い主さんは、ヒルズのシニア向けキャットフードから選ぶことをおすすめします。

またシニアの猫では新陳代謝の低下に伴い食が細くなり今までと同じ適正量のフードを食べなくなってしまう猫もおり、食べているフードによっては必要な栄養素が足りなくなってしまう場合もあります。

そのような事態にならないためには、愛猫が高齢になってきたら適切な時期に適切なフードへ変更することが大切です。

まとめ

シニアの猫で注意すべき栄養素とおすすめのシニア向けキャットフードは以上になります。

前述したように猫は高齢になると腎臓の機能が低下しやすいという特徴がありますが、腎機能の低下は適切なキャットフードの選択である程度予防することが可能です。

そのためシニアの猫では正しいキャットフードの選択が非常に大切なことなのです。

もしも現在、高齢の猫を飼い、キャットフードが適切なもので無い場合は早めにシニア向けキャットフードへ変更することをおすすめします。

スポンサーリンク
書いた人

著者:サワキ ショウタロウ



動物病院勤務の獣医師(8年目)。神奈川県横浜市出身。飼い主さんがネットに氾濫する誤った情報に騙されない為にサイトを設立。獣医師による正しい知識を提供してます。多忙な毎日ですが、暇を見つけてTwitterやサイトを更新。フォロー・ブックマークしていただけると嬉しいです。

詳しいプロフィールとサイト理念はこちら

トップへ戻る