【獣医師監修】猫とタンパク質の関係性と1日の必要量について



この記事では、猫とタンパク質の関係性や必要性猫のタンパク質の1日の必要量タンパク質と猫の腎臓病との関係性について解説しています。

猫とタンパク質の関係性

猫は元々肉食動物

まず知って欲しいのは、猫は元々肉食動物だということです。

人間や、実は犬も雑食動物で必ずしも肉(動物性のタンパク質)を食べなくても生きていけます。猫も雑食動物のように植物などからも栄養を摂ることができます。

しかし、肉食動物である猫は肉を食べなくては生きていくことが出来ないのです。

猫はタンパク質からエネルギーを生成する

人間は炭水化物からエネルギーを生成しタンパク質から筋肉などを生成します。猫の場合も筋肉などの生成はもちろん、加えてタンパク質からエネルギーを生成します。

猫は元から炭水化物を分解する酵素活性が弱く、うまく分解吸収できないのです。そのかわりに、タンパク質を分解する酵素の活性は極めて高いです。

そのため、タンパク質は常に分解されやすく、足りなければすぐに不足してしまいます。不足した場合は筋肉などを分解してエネルギーを生成います。

タンパク質は猫の健康の維持のためにも常に必要十分量供給する必要があるのです。

タンパク質の必要量について

1日あたり3〜5g/kg必要

猫に必要なタンパク質の量は1日につき体重1kgあたり3〜5gです。

子猫や若い猫ではタンパク質要求量が多く老猫では若干減るため、これだけの幅があります。

ちなみに犬の場合は1kgあたり2g程度ですので、猫のタンパク質の必要量がいかに多いかよく分かるかと思います。

タンパク質が猫の腎臓に与える影響

このように、猫のタンパク質必要量は多いですが、高齢の猫や腎臓病の猫では注意が必要です。

タンパク質が体内で分解吸収される際に、同時に尿素と呼ばれる物質が生成されますが、この尿素は猫が腎臓病の場合に悪影響を与えてしまいます。

また猫は高齢になると腎臓病になりやすく、症状が出ていない場合でも腎機能が低下(慢性腎臓病)が進行している場合もあります。

そのため、高齢の猫(潜在的腎不全)と腎不全の猫ではタンパク質量を制限する必要性があるのです。

まとめ

このように考えると、子猫や成猫では高タンパク質・低炭水化物のキャットフードが、老猫になり腎機能に衰えがみられた場合はタンパク質量を減らしたキャットフードが理想的だと言えるでしょう。

猫にとってタンパク質は最も重要な栄養素の一つです。

愛猫のためにも、それぞれの年齢で適したキャットフードを正しく選択することが大切です。

書いた人

著者:サワキ ショウタロウ



動物病院勤務の獣医師(8年目)。神奈川県横浜市出身。飼い主さんがネットに氾濫する誤った情報に騙されないようにする為にサイトを設立。獣医師による正しい猫の知識を提供していきます。多忙な毎日の中、暇を見つけてはTwitterやサイトを更新中。フォロー大歓迎。

詳しいプロフィールとサイト理念はこちら
スポンサーリンク
トップへ戻る