【獣医師監修】猫の腎不全の原因や症状、治療法や予防法について



この記事では猫の腎不全の原因や症状治療法や予防法について解説しています。

愛猫が腎不全の場合や獣医師による正しい知識を知っておきたい飼い主さんは、ぜひとも最後まで目を通していただけると幸いです。

猫の腎不全とは?

猫の腎不全とは、腎臓の中で尿のろ過を行っているネフロンと呼ばれる部分が壊れてしまい、腎臓が慢性的に機能不全になってしまった状態のことです。

腎不全の定義としては「腎臓の機能が50%以上失われた状態」を示します。

腎不全には、短時間で腎臓の機能が破壊されることが原因となる急性腎不全と、数ヶ月~数年かけて徐々に腎機能が破壊されることが原因となる慢性腎不全の二つのタイプがあります

【高齢の猫で多い】

猫の場合は高齢の猫に非常に多く、10歳以上の猫は30〜40%以上の割合で慢性腎臓病になっていると考えられています。

猫の急性腎不全は非常に少なく高齢化による慢性腎不全がメインとなるため、猫の腎不全という場合は基本的にこの「慢性腎不全」のことを言います

猫の腎不全の原因

猫が腎不全になる原因は、現在のところはっきりとは解明されていません。

ただ、猫の祖先は砂漠で生きていたため猫の体は「水分を温存するために少量の濃縮した尿を作れる」ように進化しました。そして濃縮された尿を作る過程で腎臓のネフロンが摩耗していく(使いすぎによる消耗)のではないかと考えられています。

猫は完全肉食動物で他の動物よりもたんぱく質を多く摂取します。そのため尿素が多く産生され腎臓が多く働かされるという説もあります(尿素は腎臓により排出される)。

また最近では猫の腎不全には感染症「モルビリウイルス」が関与している可能性も指摘されています。

猫の腎不全の症状

猫の腎不全の主な症状として、食欲不振、体重減少、元気消失、毛づやが悪い、嘔吐、便秘、口臭、尿量の増加(飲水量の増加)などがあげられます。

腎不全になると、本来は腎臓から排出されるべき「廃棄物」が体に溜まることでこれらの症状が現れます。また、腎不全は進行すると貧血にもなります。

「猫は症状を隠すという習性」と、「緩やかに進行する病気」であるため、飼い主さんが初期の腎不全に気づくことは難しいです。

飼い主さんが最も気をつけるべき症状は「尿量の増加(飲水量の増加)」です。これは自宅での日頃の観察から確認でき、嘔吐などの症状が出る前に愛猫の異変に気がつくことができます。

猫の腎不全の治療目的

腎臓は機能回復しない

腎臓は一度機能が失われると元に戻りません

これは人の場合でも同じで、腎機能が著しく低下してしまった場合は人口透析を行うか、腎臓移植をしなくては生きていけません。

治療目的は進行を遅らせること

猫の腎不全は「早期に発見し、進行を遅らせること」が大切です。そのため、治療は「腎臓病の進行を防ぐ」「猫の生活の質を上げる」ことが目的になります。

「生活の質を上げる」というのは腎不全の痛みや苦しみを和らげてあげることで猫が穏やかに暮らせるようにサポートすることです。特に腎不全のステージ3(重度)、4(末期)では重要になってきます。

猫の腎不全の治療方法

①食事療法

猫の腎不全の治療の中で最も効果が大きいのが食事療法です。

ステージ2,3の猫では通常の食事を続けた場合と比べて2倍以上寿命が伸びるという研究結果があります。食事にこだわりのある猫は腎臓療法食を嫌うことがありますが、食事の変更を適切に行えば90%の猫は療法食を食べるといわれています

腎不全の猫では「タンパク質の制限」と「リンの制限」をすることが重要になります。

*参照:ロイヤルカナン猫用腎臓サポート

②脱水の改善

腎不全の猫では「尿量が増え・飲水量が増加」しますが、飲水欲が低下し飲水量が低下した場合でも尿量は相変わらず多いままなので脱水に陥ります

脱水は腎不全の進行を早めるだけでなく猫の体調に大きく影響するため、脱水を改善してあげる必要があり、点滴を行います。

*猫の皮膚をつまんで皮膚の形が戻る時間で脱水を評価する試験(ツルゴール試験)で、皮膚が戻るのに2秒以上かかる時は脱水を示唆しています。

③貧血の治療

腎臓からは赤血球産生を促すホルモン(エリスロポイエチン)が作られますが、腎不全が進行すると、このホルモンの産生量が低下します。

また、栄養状態の悪化や尿毒症による赤血球の寿命低下などの影響により腎不全の猫では貧血になりやすくなります。

貧血の治療は「エリスロポイエチン製剤の投与」や、鉄分や葉酸などの「補給サプリメント(ヘモテクトなど)の投与」を行います。

猫の腎不全の予防法

①適切な食事管理

塩分を控えめた良質なタンパク質を含む食事を与えることが予防に繋がります。

日頃から高塩分な餌ばかりを食べ続けた猫は、いざ腎不全になったときに塩分の少ない療法食を食べようとしない場合が多いため、幼い頃から食事管理をすることも大切です。

またビタミンDを摂取しすぎないことも重要です。ビタミンDには、腎臓に悪影響を与える「リンの吸収を助けてしまう」という働きがあるためです。

水分をたくさん摂取することも、ある程度の予防効果はありますが腎不全の予防に絶大な効果があるわけではありません。

予防に一番大事なことは食事の管理をしっかりすることです。

②定期的な健康診断

意外におろそかにされがちなのが健康診断です。

猫の腎不全を早期に発見するために、尿検査と血液検査は非常に重要です。

日頃は全く動物病院に行かない猫でも7歳から年に1回、10歳からは年に2回の健康診断を行うのが良いでしょう。

早期に腎機能の低下(腎不全)を発見した場合、餌を療法食に切り替えたり、必要に応じて脱水を改善するための点滴を受けることで猫の余命は大きく変わります。

まとめ

猫の腎不全に関しては以上になります。

猫の腎不全は多くの飼い主さんが恐れる病気の一つであるかもしれません。

しかし、猫の腎不全は予防や早期発見が重要な病気でもありますので、日頃から予防や早期発見のために心がけることが大切です。

書いた人

著者:サワキ ショウタロウ



動物病院勤務の獣医師(8年目)。神奈川県横浜市出身。飼い主さんがネットに氾濫する誤った情報に騙されないようにする為にサイトを設立。獣医師による正しい猫の知識を提供していきます。多忙な毎日の中、暇を見つけてはTwitterやサイトを更新中。フォロー大歓迎。

詳しいプロフィールとサイト理念はこちら

スポンサーリンク
トップへ戻る