猫の耳掃除



猫の耳掃除の必要性

猫は自分で耳の中をお手入れすることはできない

猫はとてもきれい好きな動物で、毎日毛づくろいを行って自分の体をお手入れします。ですが、猫は自分で耳の中のお手入れをすることができません。

そのため猫の耳の中が知らぬ間に汚れていることも多く、中には茶色や黒色の耳垢がたまったり、耳の中が臭くなっていることも。中には外耳炎と呼ばれる耳の病気まで発展してしまっている場合もあります

>>猫の耳垢が茶色や黒、耳が臭いという場合はこちら

猫の耳掃除のやり方

耳掃除の準備

慣れないうちは人間用の綿棒を使わず、できればコットンを使いましょう。ティッシュ(柔らかいもの)でも強くこすらなければ大丈夫です。繊細な猫の耳を傷つけないよう、「強くこすらず」「優しく」を心がけてお手入れしましょう

水や猫の耳掃除用のクリーナー液(猫耳洗浄剤)でぬらしたコットンでぬぐうだけでも耳の外側(耳介)の汚れはとることができます。

耳を軽く引っ張りあげる

まずは猫がリラックス出来る姿勢で、耳の先端部を軽く指で持ち、優しく引っ張りあげて耳の中が見えるようにします。

耳の外側を拭く

ぬらしたコットンなどで見えている汚れ(耳垢)を拭き取りましょう。

奥の方の汚れは無理に取ろうとせずに、見えている汚れだけをぬぐい取ってあげましょう。

*初めはこの動画のように、耳の外側を拭き取ることから始めるのが良いと思います

猫の耳掃除に綿棒を使ってはダメなの?

猫の耳掃除に綿棒を使ってはいけないとよく言われていますが、ある程度、猫の耳掃除に慣れて上手に使える人は綿棒を使ってもいいと思います。


*おとなしい猫なら綿棒を使ってこのような掃除の仕方も可能です

激しく嫌がる猫ではNG

耳掃除を激しく嫌がり、頭を強くふるような猫の場合は綿棒が耳の奥に刺さってしまう可能性があるため、使わないほうが良いでしょう。あくまで綿棒を使う場合は、耳掃除を激しく嫌がらず、おとなしくしている猫の場合だけにしてください。

綿棒で強くこすり取ろうとするのはNG

また綿棒を使って耳道を強くこすると傷つけてしまうため、強くこすりつけるのはNGです。綿棒を使う場合も、目で見える範囲で優しく耳垢をぬぐいとってあげましょう。

クリーナー液を耳の中に入れるのはおすすめできない

また耳用のクリーナー液を耳の中に入れもみこみ、それを拭い取るという耳掃除の仕方もよく紹介されていますが、おすすめできません。

実際の医療現場では、治療のために耳の中を徹底的に綺麗にするため、そのような方法を用います。ですが、家庭ではどうしてもクリーナー液が耳の中に残ってしまい、それが元で耳の奥(中耳など)に問題が生じる可能性があるためです。

耳用クリーナー液を用いる場合は、コットンや綿棒につけて使うようにしてください。

書いた人

著者:サワキ ショウタロウ



動物病院勤務の獣医師(8年目)。神奈川県横浜市出身。飼い主さんがネットに氾濫する誤った情報に騙されないようにする為にサイトを設立。獣医師による正しい猫の知識を提供していきます。多忙な毎日の中、暇を見つけてはTwitterやサイトを更新中。フォロー大歓迎。

詳しいプロフィールとサイト理念はこちら
スポンサーリンク
トップへ戻る