猫の爪切り



猫の爪切りの必要性は?

完全室内飼育の場合

室内飼いの猫の場合、外に出歩く機会がありません。そのため爪が磨耗せず、すぐに伸びてしまいます。

その状態で猫が「爪とぎ」をバリバリと行うと、家の中の家具や壁などが傷だらけになってしまいます。また、伸びすぎた爪は円を描くようにして肉球に食い込み、そこからばい菌が入って感染症になってしまうことも(実際にそのような理由で来院される飼い主さんもいらっしゃいます)。

そのため、猫の爪を定期的にチェックして伸びている場合は爪切りをすることは猫にとっても飼い主さんにとっても大事なことです。

子猫の場合

また子猫は爪の出し入れが出来ません。その状態で兄弟姉妹とじゃれあっこをすると相手を傷つけてしまうため、子猫の場合も爪切りが必要です。

外飼育(放し飼い)の場合

放し飼いの猫の場合は、外を歩いているうちに爪の先端が磨り減ってある程度丸くなるため、基本的に爪切りは必要ない場合が多いです。

猫に人間用の爪切りを使ってもいい?

人間用の爪切りはおすすめ出来ない

人間用の爪切りでも、猫の爪切りは不可能ではありません。ただし、人間用の爪切りで猫の爪を切った場合、猫の爪が鋭利に尖りすぎてしまうため、ヤスリがけの必要性が出てきます。そのため人間用の爪切りを猫に使うことはおすすめ出来ません。

猫用の爪切りであれば、猫の爪の先端がそこまで鋭利に尖るようなことはありませんので、無理にヤスリがけをする必要性が無くなります。また人間用の爪切りは猫の指先を傷つけてしまいやすいので、猫用の爪切りを使いましょう。

おすすめの猫用の爪切りは?

猫用の爪切りは安価で購入可能です。千円程度で購入したものでも機能性に問題はありません。

このような手で握るタイプのもの(【猫用】爪切りヤスリセット)が使いやすいですよ。

猫の爪切りの正しい方法

①猫がリラックスできる体勢で猫の爪を出す

まずは猫を安定した場所に寝かせ、前足をつかみます。おとなしい猫であれば飼い主さんの膝の上やお腹の上に仰向け(スコ座り)させ、飼い主さんが後ろから抱っこする体勢が良いです。

ちなみに猫の前面から面と向かって爪切りをしようとすると怖がります。猫を抱っこし安心させながら、飼い主さんが後ろから猫の爪切りを行うのが最も良い方法です。

そして片手で猫の手を握り、爪を上下からはさむようにして優しく押すと自然に爪が外に飛び出します。

②血管を切らないように爪を切る

飛び出した爪をよく確認します。爪の根元から半分程まで伸びたピンク色の部分は「クイック」と呼ばれ、神経と血管が通っています。

クイックより外側のとがった部分を伸びた分に合わせて1〜2mmほどカットするのが基本です。クイックを外して爪を切れば、猫が痛みを感じることはありません。

前足の内側についている親指の爪も忘れずにチェックしましょう。

出血してしまった場合の対処法|猫の爪切り

猫の爪を切った際、誤って爪の先端の血管(クイック)も切ってしまった場合、爪先から出血してしまいます。猫の爪から出血してしまった場合は速やかに止血剤を使いましょう。出血した部分に止血剤の粉を指で「ちょちょっ」とつけます。

*猫用の止血剤はこれです(動物用医薬品クイックストップ(止血剤))。爪切りの際に出血した場合は動物病院でもこのクイックストップを使います

止血剤が手元に無い場合は応急処置としてティッシュで出血部を抑えます。ほとんどの場合は時間が経てば血が止まりますが、万が一、時間が経っても出血が止まらない場合(相当な深爪)は動物病院に連れて行ってくださいね。

猫の爪切りの方法|動画

文章だけでは分かりづらいと思いますので、実際に猫の爪切りをしている動画を見てみるとイメージしやすくなります。

*おとなしい猫の場合であれば、爪切りに慣れてくれるとこのようにして爪切りを行うことも可能です。

自分では猫の爪切りができない場合

猫の性格によっては、暴れたり嫌がったりしてどうしても飼い主さんだけでは猫の爪切りができない場合もあると思います。その場合は無理に自分で爪切りを行わず、動物病院に連れて行って猫の爪を切るほうが良いでしょう。

猫の爪切りの料金(値段)|動物病院

動物病院によって値段は異なりますが、猫の爪切りの料金(値段)は1000円程度である場合がほとんどです。猫の爪切りに慣れている動物看護師さんが行いますので安心してくださいね。

書いた人

著者:サワキ ショウタロウ



動物病院勤務の獣医師(8年目)。神奈川県横浜市出身。飼い主さんがネットに氾濫する誤った情報に騙されないようにする為にサイトを設立。獣医師による正しい猫の知識を提供していきます。多忙な毎日の中、暇を見つけてはTwitterやサイトを更新中。フォロー大歓迎。

詳しいプロフィールとサイト理念はこちら

スポンサーリンク
トップへ戻る