【獣医師監修】猫の糖尿病は治る?症状やインスリン治療、食事について

スポンサーリンク


この記事では、猫の糖尿病の症状や治療(インスリン・食事)、予防法について解説しています。

猫の糖尿病について

膵臓からはインスリンというホルモンが分泌されますが、このインスリンは血糖値を下げる働きがあります。

糖尿病は、なんらかの理由でインスリンが効かなくなったり、または膵臓から分泌されなくなったりすることで、血糖値が上昇したまま下がらなくなる病気です。

人間と同じように、猫でも一度糖尿病になると生涯にわたってインスリンの注射が必要になる場合もありますが、猫の場合はインスリンの効果を妨げる原因が取り除かれると治る場合も多々あります。

猫の糖尿病の原因となるもの

複数の原因が関係している

猫の糖尿病は、特定の原因があるわけではなく、様々な要因によって引き起こされることが多いです。

一般的には「10歳以上の高齢猫」「去勢した雄猫」「肥満の猫」で発生率は高いと言われており、猫の場合は他にもストレスや、慢性膵炎が原因となっている場合もあります。

慢性膵炎に注意

猫の糖尿病の隠れた原因として「慢性膵炎」がありますが、あまり知られていません。

猫は体質的に慢性膵炎を起こしやすく、その場合は飼い主が気づかない間に徐々に膵臓が破壊されていきます。同時に膵臓でのインスリン産生量が減少し、その結果として、糖尿病を起こしてしまうのです。

猫の慢性膵炎は、人間や犬でよく見られる急性膵炎のような「激烈な症状を起こさない」ことや「猫は痛みを隠す」という動物的な習性、また、膵炎で見られる嘔吐を猫の生理的な嘔吐だと飼い主さんが勘違いしやすい、ということなどから発見されにくいのが特徴です。

猫の糖尿病の症状

猫が糖尿病になると3つの特徴的な症状が見られます。

①多飲多尿になる

糖尿病では、血液中の過剰な糖は尿と一緒に体外に出て行きます。そして、排出される糖と一緒に体内の水分も出て行ってしまいます。

そのため、猫の尿の回数が増え、体内からは水分が奪われてしまい、脱水を補うために沢山水を飲むようになります。

②多食なのに体重が減少

本来は吸収されるはずの糖分が尿とともに体外に出て行ってしまうことで、猫に必要な栄養が足りなくなってしまいます。

そうなると、猫は不足しているエネルギーを補うために多食になりますが、取り入れた糖分が再び体外に出て行きます。

その結果、たくさん食べているのに体重は徐々に減少してしまうのです。

③合併症を引き起こす

高血糖のまま放置すると、血液中に多量に含まれる糖が悪影響を及ぼします。「白内障」「糖尿病性ケトアシドーシス」などといった命に関わる合併症を引き起こす場合もあります。

また、血液中の多量の糖分は細菌の餌となるため、膀胱炎を始めとする細菌性感染症にかかりやすくなります。

このように、糖尿病による高血糖は体に様々な害を及ぼします。それらを防ぐためにも、血液中の血糖値はインスリンの注射によってすぐに下げなければならないのです。

猫の糖尿病の検査方法

猫の糖尿病の検査法は、まず血液検査により血糖値を測り、尿検査により尿中に糖が出ていないか確認します。糖尿病が確定した場合には更にインスリンの投与量を決めるための追加の検査が必要になります。

インスリンの投与量を決定する検査(血糖値モニター検査)

猫の糖尿病が確定した場合に行う検査です。

猫にインスリンを投与した後、30分〜1時間ごとに血糖値を測定し血糖値の下がり方(インスリンの効果がどれくらい出るのか)を追っていきます。

この検査を数回行うことによって血糖値曲線を作成し、猫に投与すべき正しいインスリン量と1日の回数を決定します。

猫の負担が大きい

この検査では、1日に何度も採血を行い血液検査をするため猫に大きな負担がかかってしまいます。しかし、正しいインスリン量を決定するために非常に重要な検査であるため頑張ってもらわなければなりません。

また検査費用が高額になってしまうため「しない方針でお願いします」と言う飼い主もいますが、その場合獣医師は「インスリン投与量を勘で頼らざるを得なく」なり、インスリンの過剰投与による低血糖などの医療事故にも繋がってしまいます。

猫の糖尿病の治療法

猫の糖尿病の治療は、人間の場合と同じように「食後上昇した血糖値を戻す」ということが基本になります。

①毎日のインスリンの投与

猫の体内でのインスリン産生量が足りていない場合、インスリンの注射を毎日行います。

上記の血糖値モニター検査により綿密に計算されたインスリン量を1日1回〜3回、飼い主が猫に注射を行います。インスリンは種類によって作用時間が異なる為、使用するインスリンによって1日の投与回数が決まります。

②食事療法

糖尿病では食後の血糖値の上昇をゆるやかにするため、食事療法が非常に重要になります。犬と比較して猫では食事療法の重要性が高く、基本的に糖尿病の猫では糖尿病療法食に切り替えなくてはなりません。

糖尿病療法食は、糖の吸収速度を遅くするために低炭水化物・高タンパク・高食物繊維の栄養成分で作られています。

*参照:ヒルズ猫用 w/dヒルズ猫用 m/d

③運動療法

また重度肥満の猫の場合は、糖尿病の治療と共に肥満を改善するための運動を行い、脂肪を減らすことも大事なことです。というのも、多すぎる脂肪がインスリンの効果を阻害するためです。また運動することで、血糖の消費を促し、血糖値の上昇を抑える働きもあります。

猫の糖尿病は治るのか?

犬の場合は一度糖尿病になると、生涯インスリン投与が欠かせなくなります。しかし、猫の糖尿病は適切な治療を行った結果、インスリン注射が必要なくなる場合も多くあります。

その理由ははっきりと解明されていませんが、インスリンの作用を体内の何かの要因が妨害している時(例えばストレスや体脂肪、慢性膵炎など)、それらの要因を排除できたことで、正常にインスリンが働くようになるからであると考えられています。

糖尿病性ケトアシドーシスについて

猫の糖尿病について必ず知っておきたい合併症に糖尿病性ケトアシドーシスがあります。これは、糖尿病が長期化した結果、血中のケトン体というものが増加し、様々な障害を引き起こした状態を言います。

発生メカニズムは「インスリンの不足や機能不全で細胞内に取り込まれるエネルギーが減る→足りないエネルギーを貯蔵している脂肪で補おうとする→分解された脂肪からケトン体が生成される→酸性のケトン体が増える→体液成分が酸性に傾く」というもの。

糖尿病の猫がケトアシドーシスになると、急激な元気食欲の低下や激しい嘔吐・下痢や、重度の場合であれば昏睡状態になることがあり、緊急治療が必要になります。ケトアシドーシスの治療は、即効性のインスリンにより血糖値を下げ、輸液にて血中のPH(電解質バランス)を調整します。

まとめ

猫の糖尿病に関してはこれで以上になります。

猫の糖尿病は治る場合もありますが、基本は毎日のインスリン注射が必要になります。そのため、愛猫が糖尿病にならないために、予防出来ることをしておく事が大切で、特に肥満の猫をダイエットをさせずに放置していると糖尿病のリスクは高まります。

愛猫が肥満の場合は、ダイエットを意識し早期に正しい食生活へ改善するように心がけましょう。

スポンサーリンク

【この記事をシェア】

トップへ戻る