【獣医師監修】猫のフケが多い場合の原因と対処法について



この記事では猫のフケが多く出る場合の原因と対処法について解説しています。

猫も人間と同じようにフケが出ますが、猫は毎日丹念に毛繕いを行うため飼い主さんが気になる程フケが多い場合は何かしらの原因が考えられます。

以下で考えられる原因について説明していきますので、「愛猫のフケが目立つようになった」「多くて気になる」という飼い主さんは、ぜひ最後まで読んでいただけると幸いです。

猫のフケの原因と対処法

*大量にフケが出ている場合の一例。これほどフケの量が多い場合は何かしらの病気が隠されている可能性が高い。

①皮膚の感染症

ツメダニヒゼンダニ(疥癬)ハジラミと呼ばれるダニ・シラミ類に感染した場合、また皮膚糸状菌症(白癬)と呼ばれるカビ類に猫の皮膚が感染した場合に大量にフケが出る場合が多くあります。

このような感染症に感染している猫では皮膚表面に湿疹や発赤かさぶた脱毛などの症状が見られます。

フケが大量に出る場合には、皮膚の状態もまずは確認してみましょう。

対処法

皮膚に何かしらの異常がある、フケの量が尋常じゃ無いなど皮膚の感染症が疑われる場合は一度動物病院に連れていきましょう。

動物病院では寄生虫がいないか検査をし、ダニシラミやカビ(真菌)などが見つかった場合は駆虫薬の投与や場合によっては薬用シャンプーを行います。

基本的に駆虫薬の投与で改善する場合がほとんどですので、早期に治療を行いましょう。

また放置していると皮膚炎の悪化が進行し重症化してしまう場合もあるため注意が必要です。

②その他の皮膚の病気

上記の他にも、アレルギー性皮膚炎脂漏症皮膚被毛の衛生環境の悪化によっても大量のフケが出る場合があります。

対処法

例えばフードを変えた途端にフケが大量に出るようになったなどアレルギー性皮膚炎の可能性がある場合や、脂漏症の疑いがある場合(被毛がゴワゴワする、皮膚が脂っぽいなど)は一度病院に連れて行きましょう。

>>猫の食物アレルギーに関してはこちらで詳しく解説しています

また猫の皮膚・被毛の衛生環境が悪い場合、自宅でのシャンプーやブラッシングをこまめに行いましょう。日頃から愛猫のブラッシングやシャンプーなどのケアもフケの予防には大切です。

>>猫のシャンプーブラッシングの必要性と正しい方法について

それでも改善が見られない場合は皮膚の感染症の可能性があります。その場合は動物病院で獣医師に相談することをおすすめします。

③皮膚の乾燥

冬場は乾燥した空気により猫の皮膚も乾燥するためフケが出やすくなります。

夏場であっても一日中エアコンがついた部屋で暮らしている猫の場合も中には皮膚が乾燥しフケが出やすくなる子もいます。

ネットで「フケの原因」を検索すると「乾燥が原因」であるとする記事が多く出てきますが、この場合は大量のフケが出てくるというよりもブラッシングをした際に少量フケが出る程度の場合がほとんどです。

対処法

乾燥が原因であれば皮膚の保湿のために加湿器が有効です。

猫の生活環境として推奨されている湿度は50%~65%、室内温度は18度~29度くらいを目安に調整すると良いでしょう。

加湿器が無い場合は、お湯を張った洗面器を置いておくだけでも効果があります。

まとめ

猫のフケが多く出る場合に考えられる原因と対処法はこれで以上になります。

猫のフケが多いとっても単純に乾燥が原因なだけでなく、放置してはいけない感染症の可能性があることも理解いただけたかと思います。

シャンプーやブラッシングをしてもフケが改善しない場合は、早めに動物病院に連れていかれることをおすすめします。

スポンサーリンク
書いた人

著者:サワキ ショウタロウ



動物病院勤務の獣医師(8年目)。神奈川県横浜市出身。飼い主さんがネットに氾濫する誤った情報に騙されない為にサイトを設立。獣医師による正しい知識を提供してます。多忙な毎日ですが、暇を見つけてTwitterやサイトを更新。フォロー・ブックマークしていただけると嬉しいです。

詳しいプロフィールとサイト理念はこちら

トップへ戻る