【獣医師監修】猫白血病はうつる?症状や感染原因、治療法や予防法について



この記事では猫の白血病ウイルス感染症(FeLV)の感染原因や症状、治療法や予防法について解説しています。

愛猫が猫白血病になってしまった」「猫の白血病を予防したい」などの飼い主さんは、最後まで目を通していただけると幸いです。

猫白血病ウイルス感染症(FeLV)とは

猫白血病は「猫白血病ウイルス」に感染することで起こります。

白血病ウイルスに感染後しばらく時間が経ってから白血病や、重度の貧血、悪性の癌などの様々な症状が見られる病気です。

またこれといった決まった症状ではないのが猫白血病の特徴です。

猫白血病の感染原因

感染している猫との喧嘩

猫白血病ウイルスは感染している猫の唾液や血液、涙などに含まれます

実際には猫同士の喧嘩による感染が多く見られますが、食器の共有や、猫同士のグルーミング、また母乳を介して子猫に感染する場合もあります。

猫の白血病は人間にはうつらない

猫の白血病ウイルスは猫にのみ感染します。

そのため、猫白血病に感染している猫から人間にうつることはありません。

猫白血病の症状

猫白血病は感染から時間が経つごとに症状が変化していきます。

①急性期の症状(感染後1ヶ月目〜)

猫白血病ウイルスに感染後1ヶ月ほど経つと、のど・口内リンパ節などに侵入したウイルスの影響で症状が現れます。

この時期の主な症状は、食欲不振、体重減少、貧血、下痢、発熱、脱水、鼻水、口内炎、リンパ節の腫れなどです

急性期を過ぎると、症状は一旦落ち着きます。

②慢性期の症状(急性期を過ぎた後)

急性期を過ぎ、症状が落ち着いた場合でも体内にはウイルスが潜伏します。

潜伏していたウイルスは1~2年後に再び活性化し、リンパ腫、慢性的な口内炎、再生不良性貧血、白血球減少症などの様々な症状が現れます

また、この時期に自然治癒した場合でも、その後の悪性リンパ腫の発生率は猫白血病ウイルスに感染したことがない猫に比べて非常に高くなります。

猫白血病の治療法

猫白血病ウイルス感染症が一旦発症してしまうと治療しても根治はできません。

猫白血病ウイルス感染症によって現れる症状(病気)に合わせて、抗がん剤の投与や、インターフェロン治療、免疫力を高める治療などの対処療法を行います。

猫白血病は根治することが出来ないため、治療により猫の症状と苦痛を和らげながら病気の進行を遅らせることが一番重要になります。

また、猫の体内で猫白血病ウイルスが潜伏している場合であっても、普段から猫の十分な栄養補給や休養、快適な生活環境を整えることで高い免疫力を保持していれば、再活性化をコントロール(防ぐ)ことも可能です。

猫白血病の予防法

①白血病ワクチンの接種

猫白血病ウイルスはワクチンが開発されています。

そのため外に出かける猫では、あらかじめワクチン接種しておくことで予防できる可能性が高まります。ただし、ワクチン接種は100%の予防を約束するものでは無いため注意が必要です。

白血が含まれる混合ワクチンには「フィーライン」「フェロバックス」があり、また単体ワクチンもあります。

②完全室内飼育への切り替え

愛猫が単独で完全室内飼育の場合は猫白血病に感染する心配は無いでしょう。

また、半外猫の場合は完全室内飼いにすることで白血病感染猫と接触させないようにすることが一番の予防法になります。

猫白血病は他の猫とケンカしたり舐めあったりすることが主な感染原因だからです。

③多頭飼育の場合、新たに迎える猫の検査を実施

猫の多頭飼育家庭においては、集団感染を予防するために新たな猫を飼うたびに猫白血病のウイルス検査を行うことが重要です。

またすでに猫白血病に感染している猫がいる場合は部屋を分けるなどして、感染猫を他の猫と隔離することが大切です。

メス猫の避妊手術

多頭飼育の家庭では母猫から子猫への感染を防ぐため、ウイルス検査をして陽性が出たメス猫はあらかじめ避妊手術をほどこして子猫を産ませないようにすることも重要です。

まとめ

猫白血病についてはこれで以上です。

猫白血病は猫エイズと同じように何よりも感染を予防することが大切です。また、たとえ感染した場合でも免疫力を維持していくことで本格的な発症を防ぐことが出来ます。

愛猫の健康のためにも、半外飼育などで感染猫との接触機会がある場合は今一度、検査と予防のためのワクチン接種を受けることを検討することをおすすめします。

スポンサーリンク
書いた人

著者:サワキ ショウタロウ



動物病院勤務の獣医師(8年目)。神奈川県横浜市出身。飼い主さんがネットに氾濫する誤った情報に騙されない為にサイトを設立。獣医師による正しい知識を提供してます。多忙な毎日ですが、暇を見つけてTwitterやサイトを更新。フォロー・ブックマークしていただけると嬉しいです。

詳しいプロフィールとサイト理念はこちら

トップへ戻る