【獣医師監修】”死亡率99%”猫伝染性腹膜炎(FIP)の検査や治療・予防法



この記事では猫のFIP(伝染性腹膜炎)の感染原因や症状、検査法や治療法、予防法に関して解説しています。

FIPは感染すると死亡率が非常に高く、猫の飼い主さんは必ず知っておいた方が良い病気の一つですので最後まで目を通していただけると幸いです。

猫のFIP(伝染性腹膜炎)とは

発症すると99%の確率で亡くなる怖い病気

猫のFIP(伝染性腹膜炎)は感染した猫コロナウイルスが猫の体内で突然変異し、FIPウイルスになって発症する病気です。

猫コロナウィルスに感染した猫のほとんどは無症状または軽度の腸炎を起こす程度ですが、一旦ウイルスがFIPウイルスに変異すると有効な治療方法がなく、ほとんど全ての場合(約99%とも言われている)で亡くなる怖い病気です

また、FIPは若い猫(1~3歳)で多いのも特徴です。

猫コロナウイルスについて

猫コロナウイルス自体は毒性が低く、感染した猫のほとんどが無症状もしくは軽度の腸炎を起こす程度です。

しかし、何らかの原因により猫の体内でFIPウィルスに変異した場合に猫にFIPを発症させます。

ちなみに猫コロナウィルスは、飼育猫の25~40%で過去にこのウィルスに感染したことがあると考えられています。

猫のFIP(伝染性腹膜炎)の症状

猫がFIPを発症した場合、発熱、元気消失、食欲不振、体重減少などの症状が見られます。

そして猫のFIPには「ドライタイプ」「ウェットタイプ」の二つのタイプがあり、それぞれのタイプで猫の肉体内部における症状が異なることが特徴的です。

①ドライタイプ

各臓器に肉芽腫と呼ばれる病変が形成されるのが特徴です。

症状は肉芽腫ができる場所によって異なり、脳にできると神経症状(ふらつく、ぐるぐる回るなど)が、目にできると眼症状(眼の濁り、眼圧があがるなど)が出てきます。

*FIPドライタイプにより神経症状が出てしまった猫の映像。脳に肉芽腫が形成されたと思われる。

②ウェットタイプ

腹部や胸部に水が溜まる(腹水または胸水と呼ばれる)のが特徴です。

胸水が溜まる場合であれば呼吸困難や呼吸数の増加が見られ、腹水が溜まる場合では腹部の膨満感(水が入っているたぷたぷ感)が見られます。

*FIPウェットタイプにより腹水がたまった猫。赤矢印部分に腹水が溜まっている。

また重度になると心臓部に水が溜まる場合もあり、その場合は心拍数の増加、加えて呼吸数の増加や呼吸困難も見られます。

猫のFIP(伝染性腹膜炎)の検査法

複数の検査を行う必要性

猫のFIPの診断は簡単ではありません。獣医師は、猫の年齢や飼育環境、症状などからFIPであることを予測します。

ウェットタイプのFIPである場合は、胸水や腹水が溜まるなどの特徴的な症状が見られます。このような症状からFIPの疑いがある場合、胸水などの採取を行い遺伝子学的検査を行うことで診断を行います。

ドライタイプのFIPでは症状や血液検査の結果から予測を行い、必要に応じて追加の検査を行なっていきます。多数の項目がFIPの特徴に一致した場合にFIPである可能性が高いと判断します。

いずれにしてもFIPだと確定診断を下すことは難しく、FIPだと確定するためには状況に合わせて複数の検査を行う必要があります。

猫のFIP(伝染性腹膜炎)の治療法

治療法は確立されていない

現在のところFIPを完治させる治療法は確立されていません。そのため、動物病院での治療は基本的に症状緩和による延命が目的になります。

ネットでは「治療によって完治した」という話を目にすることもありますが、その場合は「元からFIPで無かった可能性が高い」です。

前述したようにFIPの診断方法は非常に難しく、FIPだと確定診断するまでに多くの検査が必要なため、FIPの疑いがある場合にはFIPだと診断せざるを得ない場合もあるからです。

猫のFIP(伝染性腹膜炎)の予防法

ストレスをかけず、免疫力を落とさないこと

猫コロナウイルスがFIPウイルスに変異する原因は解明されていませんが、ストレス免疫力の低下が変異の原因となっている可能性が指摘されています。

猫コロナウィルスに感染しないことはFIPを避ける唯一完全な予防法ですが、現実はブリーダーや猫シェルターなどそこら中にコロナウイルスは蔓延しています。

そのため、FIPの予防法はとにかくストレスが少ない環境で飼育すること、免疫力の低下を防ぐために他の病気にかからないこと(3種や5種ワクチン接種)多頭飼育を避けることが非常に重要です。

>>猫の3種5種ワクチンに関してはこちらで詳しく解説しています

*【補足】現在FIPワクチンも開発されていますが、効果が確実に実証されておらず日本では認可されていません。米国でも使われることは限定的な条件下のみです。

まとめ

FIP(猫伝染性腹膜炎)に関してはこれで以上になります。

FIPは発症した場合の死亡率が極めて高いため、多頭飼育や野良猫を保護している飼い主さんは必ず知っておいた方が良い病気の一つです。

また、飼い主さんの心がけ次第で感染率や発症率を下げることができるのもFIPの特徴です。

もし愛猫の飼育環境がFIPを発症させやすい環境である場合は、早急に飼育環境の改善を見直すことをおすすめします。

スポンサーリンク
書いた人

著者:サワキ ショウタロウ



動物病院勤務の獣医師(8年目)。神奈川県横浜市出身。飼い主さんがネットに氾濫する誤った情報に騙されない為にサイトを設立。獣医師による正しい知識を提供してます。多忙な毎日ですが、暇を見つけてTwitterやサイトを更新。フォロー・ブックマークしていただけると嬉しいです。

詳しいプロフィールとサイト理念はこちら

トップへ戻る