【獣医師監修】”進行を抑えることは可能” 猫の癌の食事療法について



愛猫が癌になってしまった場合、当然抗がん剤や外科手術などの治療も大切ですが、癌の進行を出来る限り抑えるための食事療法は以上に重要です。

現在多くの病気に対する療法食が販売されていますが、癌専用の療法食というのは販売されていないのが実状です。

しかしながらガン細胞の特徴を知れば、おのずと癌の進行を抑えるためにはどのような食事が適しているのかがわかります。

この記事ではガン細胞の特徴と、猫のガンの進行を出来るだけ抑えるための食事について説明していきます。

猫のガンの食事療法

ガンに対する食事療法を考える際に、重要な栄養成分があるので説明していきます。

①糖質

ガン細胞は主に「ブドウ糖(糖質)」を主なエネルギー源として分裂を行います。

猫が食べる食事に糖質が多く含まれる場合、糖質は猫の血液に乗ってガン細胞まで運ばれ、ガン細胞は糖質を取り込むと活発に分裂・増殖を行います。

ブドウ糖は炭水化物から生成されます。

猫に余分な炭水化物を与えることはガン細胞に餌を与えることになり、ガン細胞の分裂を助けてしまいます。

そのため癌の進行を抑えるために最も重要なことは「炭水化物の量を減らすこと」なのです。

②タンパク質

「炭水化物が無かったら猫はエネルギーを生成できないのでは?」と思うかもしれません。

しかし猫は元々肉食動物であり「タンパク質からエネルギーを生成することが可能」なのです。

そのため、食事に含まれる炭水化物を減らしてもタンパク質を十分に摂取していれば十分なエネルギーを産生することが可能であり、猫の体力が低下するなどの心配は必要無いのです。

③ビタミン・ミネラルと新鮮な必須脂肪酸

猫の免疫力が低下すると、その分ガン細胞は活発化し分裂をします。

癌の進行を抑えるためには「猫の免疫力を常に高い状態に保つこと」が大切です。

十分なビタミン・ミネラルの摂取はもちろんのこと、脂質(脂肪酸と呼びます)も猫の免疫力の維持向上には非常に重要な働きをしています。

また古くなり酸化した(劣化した)は脂質は体に悪影響を与えてしまうため避けなければなりません。

そのため、十分なビタミン・ミネラルの摂取と新鮮な脂肪酸を摂取することが重要です。

ではどの食事を与えればいいのか?

猫のガンの進行を抑えるためにどの食事(キャットフード)を与えればいいのか。自分で癌の療法食を作る必要はありません。

ガンの好物である「糖質」は穀物に最も多く含まれており、市販のキャットフードでは穀物をふんだんに使用してあるためガンに猫に与えるべきではありません。

穀物不使用であり、十分にビタミン・ミネラル・脂肪酸が含まれた高タンパク質・低炭水化物のキャットフードがガンの食事療法に最も適しています。

穀物不使用のキャットフードには多くの種類がありますが、原材料の安全性や信頼度、そして猫の食いつきを考慮すると特にカナガンキャットフード が一番おすすめです。

よかったら参考にしてください。

*公式サイト:カナガンキャットフード 

まとめ

猫のガンの食事療法についてはこれで以上になります。

食事療法はそんなに効果があるのか?と疑問に思う飼い主さんも多くいますが、ガン細胞の分裂を抑える効果が証明されています。

そのため、食事療法により出来る限りガン細胞にエネルギーを与えないことが余命を出来るだけ延ばすためにも重要なのです。

スポンサーリンク
書いた人

著者:サワキ ショウタロウ



動物病院勤務の獣医師(8年目)。神奈川県横浜市出身。飼い主さんがネットに氾濫する誤った情報に騙されない為にサイトを設立。獣医師による正しい知識を提供してます。多忙な毎日ですが、暇を見つけてTwitterやサイトを更新。フォロー・ブックマークしていただけると嬉しいです。

詳しいプロフィールとサイト理念はこちら

トップへ戻る