【獣医師監修】死の危険性大!猫の熱中症の症状と応急処置や予防対策について

スポンサーリンク


この記事では猫の熱中症の原因や症状、飼い主さんに出来る応急処置や予防法について解説しています。 

猫の熱中症の原因について

猫は汗腺が非常に少ない

まず知って欲しいことは、猫は汗腺が非常に少ないため、人間のように汗をかいて気化熱で体温を下げることができません。

猫は主にパンティング(ハァハァという呼吸)によって呼吸器から体熱を放出しますが、これだけでは人間のように効果的に体温を下げることはできないのです。

そのため、体内に熱がこもりやすく、熱中症にかかりやすいことをまずは知っておく必要があります。

犬と猫で熱中症の傾向が異なる

夏になると熱中症にかかる犬猫が増えますが、犬と猫では原因の傾向がやや異なります。

犬は、散歩中の屋外や車の中で熱中症になるケースが多いのですが、猫は家の室内で熱中症にかかるケースがほとんどです。

特に飼い主が外出する際、エアコンを切った部屋の中で猫をお留守番させ、室温が上がって猫が熱中症にかかる例がほとんどです。

猫の熱中症の症状は?

猫は熱中症になると、活動が鈍くなります。具体的には呼びかけに反応せずぐったりしている、抱っこしても力がない、目力が無い、ふらつく、呼吸が荒いなどです。嘔吐する子もいます。

また、熱中症の症状が進行し重症化した場合、脳や全身の臓器に障害が現れ始めます。

極度に体温が上昇した場合、全身臓器の細胞がダメージを受け、腸内細菌が作り出した毒素、細菌が血液中に侵入してしまいます。こうして、血管内に病原体が紛れ込む「敗血症」に似た症状を引き起こします。

このような理由により、脳障害や、急性腎不全、下痢・血便、急性肝不全などが起こり、意識が混濁し、適切な処置がされなければやがて死に至ります。

猫の熱中症の応急処置

愛猫が熱中症と思われた場合、まずは応急処置を行いましょう。動物では熱中症にかかった場合の死亡率は30%程度とも言われるほど、非常に死亡率が高い病気です。

そのため、愛猫が熱中症になった場合は、飼い主の応急処置が生存率をあげる非常に重要なポイントなのです。

猫の熱中症の応急処置の具体的な方法としては

①猫の体に直接水をかけて、扇風機などで風を当てて体を冷やす

②猫の脇の下、首の横(太い血管がある部位)などにアイスノンや氷を入れた袋などを当てて体温を下げる

などです。これらの応急処置をまずは行い、ある程度猫の体温が下がったらすぐに動物病院に連れて行きましょう。

猫の熱中症の対策方法

エアコンをつけっぱなしにすることが最も大切

日中エアコン無しでは高温になるような部屋では、出かける際にエアコンをつけっぱなしにすることが、最も有効な対策方法です。電気代が気になる方もいると思いますが、愛猫の為にエアコンを消さないでください。

部屋は暑くなるけどエアコンをつけなくても今まで大丈夫だったという方、それは猫が必死に高温に耐えているだけです。そのような場合は、愛猫がいつ熱中症になってもおかしくはありません。

また猫は人間と同じで、高齢になるほど高温に耐えられず熱中症になりやすいです。そのため、愛猫のために常に室温が適温になるようにエアコンでコントロールしてあげてください。

まとめ

猫の熱中症を予防するために一番大事なことは、飼い主さんが「猫は暑さに弱い生き物だ」という認識を持つことです。

実際に動物病院では、夏場に一人暮らしの女性や男性が、仕事などで部屋を留守にする際にエアコンを消しその間に猫が熱中症になるというケースがほとんどです

エアコンを消した際に室温が30度を超える部屋の場合は要注意です。

繰り返しますが、夏場は猫が熱中症にならないように出来るだけエアコンをつけっぱなしにしてあげること、もしくは猫用に一室だけでもエアコンをつけといてあげることが熱中症の予防には一番大切です。

スポンサーリンク

【この記事をシェア】

トップへ戻る