【獣医師監修】猫の熱中症の原因と症状、応急処置と予防法について



この記事では猫の熱中症の原因や症状、飼い主さんに出来る応急処置や予防法について解説しています。

猫の熱中症について

まず知って欲しいことは、猫は汗腺が非常に少ないため人間のように汗をかいて気化熱で体温を下げることができません。

猫は主にパンティング(ハァハァというあえぎ呼吸)によって呼吸器から体熱を放出しますが、人間のように効果的に体温を下げることはできません。

体内に熱がこもることにより発症する熱中症は、最悪の場合死に至ることもある怖い病気です。

猫の熱中症の原因と症状

熱中症の原因

猫が熱中症になる原因として、夏場のエアコンのついていない室内夏場の車内放置がほとんどです。

また鼻がぺちゃんこの猫種や、長毛種、肥満猫では熱中症にかかる可能性も高くなるため注意が必要です。

熱中症の症状

猫は熱中症になるとぐったりし、元気・食欲がなくなります

猫はよく寝る生き物なので、愛猫が熱中症になっても飼い主さんはいつもと同じ眠いだけだと勘違いしやすいです。熱中症の際は目に力が無くなるので普段との違いに気をつけなければなりません。

また重症化すると呼吸が荒くなり、歩行がふらついたり、嘔吐や下痢、さらにはケイレンや意識不明状態になります。

猫の熱中症の応急処置

①体温を下げる

もしも愛猫に熱中症の症状が見られた場合、重症化(意識不明、歩行困難、痙攣などが起きていない)してなければ、まずは猫の体温を下げることに専念しましょう。

室内であれば強めにエアコンを入れる、水(氷はNG)を体にかけるなどをしてあげてください。

体温が下がり、猫の体調が戻ればその後は様子を見てあげてください。元気食欲が完全に戻ればその後はそれほど心配することはありません。

②動物病院に連れていく

体温を下げても体調が戻らない場合や、愛猫の異変に気づいた時に「パンティング、歩行困難、意識低下、痙攣」などの重症化のサインが見られた場合は「体温を下げつつ」即座に動物病院に連れて行きましょう。

特に重症化している場合は治療開始の速さが命にかかわってくるためです。

また動物病院では輸液や投薬治療、場合によっては入院が必要になる場合もあります。

猫の熱中症の予防法

猫の熱中症を予防するために一番大事なことは、飼い主さんが「猫は暑さに弱い生き物だ」という認識を持つことです。

実際に動物病院では、夏場に一人暮らしの女性や男性が仕事などで部屋を留守にする際にエアコンを消しその間に猫が熱中症になるというケースが多くあります

猫を飼っている部屋がエアコンを消した際に室温が30度を超える場合は要注意です。

夏場は猫が熱中症にならないように出来るだけエアコンをつけっぱなしにしてあげること、もしくは猫用に一室だけでもエアコンをつけといてあげることが予防には大切です。

スポンサーリンク
書いた人

著者:サワキ ショウタロウ



動物病院勤務の獣医師(8年目)。神奈川県横浜市出身。飼い主さんがネットに氾濫する誤った情報に騙されない為にサイトを設立。獣医師による正しい知識を提供してます。多忙な毎日ですが、暇を見つけてTwitterやサイトを更新。フォロー・ブックマークしていただけると嬉しいです。

詳しいプロフィールとサイト理念はこちら

トップへ戻る