【獣医師監修】猫の甲状腺機能亢進症の症状や治療について

スポンサーリンク


この記事では、猫の甲状腺機能亢進症の症状や原因、検査法、治療薬について詳しく解説しています。

猫の甲状腺機能亢進症とは

猫の喉には「甲状腺」という器官が張り付いています。この甲状腺からは「トリヨードチロニン」(T3)と「サイロキシン」(T4)という2種類の甲状腺ホルモンが分泌されています。

これらの甲状腺ホルモンは、全身の細胞に作用して主に「体内の代謝を上げる(エネルギーを作り出す)」という役割があります。

*猫の喉にある甲状腺。甲状腺機能亢進症では、甲状腺は写真右側のように肥大化する。

この甲状腺ホルモンが、何らかの原因で過剰に分泌されるようになってしまうと「嘔吐」や「体重減少」などの症状が現れます。この状態を、甲状腺機能亢進症といいます。

甲状腺の異常肥大や、甲状腺に発生した腫瘍のせいで、過剰量の甲状腺ホルモンが分泌されるのが本症の原因と考えられていますが、これらは自然発生的に発現するため、予防は難しいのが現状です

また、猫の甲状腺機能亢進症は、雌雄による差はほとんど無く、中高齢(9歳くらい)から多く見られます。

猫の甲状腺機能亢進症の症状

*甲状腺機能亢進症の猫。痩せて全身の毛艶が悪くなっている

甲状腺ホルモンには全身の代謝を向上させる働きがあると先ほど述べましたが、甲状腺ホルモンが過剰になると、今度は代謝が「オーバーヒート」状態になってしまいます。

そうなると、エネルギー消費量が増えすぎてしまうため「沢山餌を食べるのに痩せていく」「異常に活発で攻撃的になる」「頻繁に嘔吐する」などの症状が現れます。ほうっておけば「多飲多尿」や「毛艶の悪化」などの症状も現れます。

高齢の猫で「嘔吐回数がやたら増えた」「餌を食べてるのに痩せてきた」という場合は、甲状腺機能亢進症の疑いがあるため注意しなければなりません。

また猫の甲状腺機能亢進症では、肥大型心筋症と同様の心肥大や呼吸困難がみられることがあるため、後述する甲状腺ホルモン濃度測定による鑑別が重要になります。

猫の甲状腺機能亢進症の検査法について

症状より甲状腺機能亢進症が疑われる場合は、血液検査により血中の甲状腺ホルモン濃度(猫の場合はT4(サイロキシン))を測定します。

T4が高値(5.0μg/dL以上)であれば甲状腺機能亢進症と診断されます。

確定診断が下せた場合、異所性の甲状腺や、甲状腺腫瘍の転移巣を発見するために、頸部〜胸郭にかけて十分な触診を行うとともに、胸部X線検査を実施するのが良いでしょう。

また、腎機能を把握しておくことも重要です。過剰な甲状腺ホルモンは腎血流量を増加させ、慢性腎不全が軽減もしくは潜在化していることがあるからです。この場合、甲状腺機能亢進症の治療に伴い腎不全が顕在化することがあり、その場合は治療前よりもQOLが低下する可能性もあります。

猫の甲状腺機能亢進症の治療

①投薬治療

投薬治療は、甲状腺機能亢進症における最も一般的な治療法です。

甲状腺ホルモンの生産を妨げる薬(メチマゾール(メルカゾール錠))を投与することで、甲状腺ホルモンの濃度を正常値まで下げるのです。

この場合、投与開始2〜4週間後にT4を再測定し、薬の効果判定を行います。同時に薬の副作用、腎機能に異常がないかも確認します。甲状腺機能亢進症では腎血流量が増加するために機能低下した腎機能を隠ぺいしていることがあり、治療を開始したことで腎血流量が急速に低下して「尿毒症」が表面化する場合があるためです。

症状が落ち着くにつれて、徐々に検査間隔を長くしていきます。

しかしながら、甲状腺機能亢進症は投薬治療では完治することはありません。生涯メチマゾールの投薬が必要になります。

*メチマゾールによる治療について

メチマゾールは副作用を考慮して低用量(初期用量は治療用量以下から始める)で開始すると良い。

メチマゾ ールの推奨初期用量は「1.25mg/cat BID 2週間」。治療開始後2週間の時点で、副作用が認められず、 身体検査でも問題が無く、腎機能パラメーター、CBCおよび血小板が基準参考値内で、血清総T4濃度が2μg/dl以上の場合は用量を「2.5mg/cat BID」に増量し、2週間後に同じパラメーターを再評価する。

用量はT4濃度が1-2μg/dlの間になるか、副作用が現れるまで、2週間毎に増量し続けることが一般的な治療パターンとされている。しかし、血清T4濃度よりも食欲や臨床症状、腎パラメーターを重視し、血清T4濃度は4μg/dl前後で臨床的な問題が無ければ良好なコントロールと判定する事が多い。

②外科手術

外科手術を行う場合は、肥大・腫瘍化した甲状腺を切除します。手術によって原因を取り除くため、甲状腺機能亢進症の根治が望める場合もあります。

しかし、注意しなければならないことがあります。

甲状腺は2つありますが、両方を切除した場合は不足する甲状腺ホルモンを補うために、生涯に渡って甲状腺ホルモンを投与する必要が生じます。

片方のみ切除した場合で甲状腺ホルモンの値が正常値に戻れば、投薬は必要なくなります。

③食事療法

甲状腺機能亢進症の食事療法では、甲状腺ホルモンの原料となる「ヨード」を制限した療法食を食べてもらいます。

*参照:ヒルズ 猫用y/d

療法食の反応率は「8割程度」と言われています。

腎不全のある猫にも安全というメリットがありますが「一生同じ食事(ヨード制限食)しか食べられない」ことや「療法食を止めた時の再発率が100%」などのデメリットがあることに留意しなければなりません。

猫の甲状腺機能亢進症の予後について

猫の甲状腺機能亢進症は、上述のように甲状腺ホルモンの過剰分泌が原因のため、投薬や外科治療により、甲状腺ホルモンの分泌量を正常値でコントロールさえ出来れば、命を失うような事はありません。

しかし、発見が遅れた場合、重度の削痩や脱水などにより、命を落としてしまうこともありえるため、早期発見、早期治療が重要です。

スポンサーリンク

【この記事をシェア】

トップへ戻る