【獣医師監修】猫の甲状腺機能亢進症の症状や原因、検査や治療について

スポンサーリンク


この記事では、猫の甲状腺機能亢進症における症状や原因、検査や治療法について解説しています。

猫の甲状腺機能亢進症とは

猫の喉には甲状腺という器官が張り付いています。

この甲状腺からは「トリヨードチロニン」(T3)と「サイロキシン」(T4)という2種類のホルモンが分泌されており、いずれも全身の細胞に作用して主に「代謝を上げる(エネルギーを作り出す)」働きを持っています。

*猫の喉にある甲状腺(Thyroid)

そして、この甲状腺から分泌されるホルモン量が、何らかの理由で過剰になると嘔吐や体重減少などの様々な症状が現れ、これを甲状腺機能亢進症といいます。

猫の場合、オスメスの性差なく、中高齢(9歳くらい)から発生が多く見られます。

猫の甲状腺機能亢進症の症状

*甲状腺機能亢進症の猫。痩せて全身の毛艶が悪くなっている

全身の代謝を向上させる甲状腺ホルモンが過剰になると、代謝がオーバーヒートします。

これにより「沢山食べるのに太らない(痩せていく)」、「やたら活発で攻撃的になる」、「頻繁に嘔吐する」などの症状が現れます。

他にも、「多飲多尿」や「毛艶の悪化」などの症状も現れます。

猫の甲状腺機能亢進症の原因

主に、甲状腺の病的な肥大や、甲状腺に発生した腫瘍により、過剰量の甲状腺ホルモンが分泌されるのが本症の原因と考えられています。

猫の甲状腺機能亢進症の検査法

症状から甲状腺機能亢進症が疑われる場合は、血液検査により血中の甲状腺ホルモン濃度(猫の場合はT4)を測定します。

T4が高値(5.0μg/dL以上)であれば甲状腺機能亢進症と診断されます。

猫の甲状腺機能亢進症の治療

①投薬治療

甲状腺ホルモンの生産を妨げる薬(メチマゾール)を投与します。

投与開始から2〜4週間後にT4を測定し、薬の効果判定を行います。同時に薬の副作用、腎機能に異常がないか確認します。症状が落ち着くにつれて、徐々に検査間隔を長くしていきます。

しかし、投薬による治療によって完治することはなく、基本的に生涯に渡る投薬が必要になります。

②外科手術

大きくなった甲状腺を手術によって切除します。場合によっては外科手術によって根治が望めることもあります。

甲状腺は左右に2つありますが、両方を切除した場合は不足する甲状腺ホルモンを補うため、生涯に渡ってホルモン投与が必要となる場合もあります。この場合は、手術しても結局毎日の投薬が必要になるため、注意しなければなりません。

③食事療法

甲状腺ホルモンの原料となる「ヨード」を制限した療法食がヒルズなどから発売されています。

反応率は82%程度と言われ、腎不全を抱えてる猫にも安全というメリットがある反面、「一生涯同じ食事しか食べられない」ことや、「食事を止めた時の再発率が100%」といったデメリットもあります。

投薬、手術を必要としない特別食は画期的な治療方法ですが、基本的には療法食以外のフードを食べられなくなります。また療法食自体を食べてくれない場合は、やはり投薬による治療が必要になります。

まとめ

猫の甲状腺機能亢進症は、他の内分泌系疾患と比較して、中高齢の猫で多い病気の一つです。

しかしながら、主な発症原因が甲状腺に発生する腫瘍であるため、予防法が無いのもこの病気の特徴です。

そのため、愛猫が中高齢にさしかかった際には定期的な健康診断を受けることが大切です。

スポンサーリンク

【この記事をシェア】

トップへ戻る