【獣医師監修】猫がやたらかゆがる!原因となる病気と症状は?



「猫がやたらに痒がる」場合、痒みを伴うなんらかの病気が潜んでいる可能性が高いです。

この記事では猫のかゆみの原因となる病気と症状について解説しています。

原因と症状

①食物アレルギー

まず考えられる原因として「食物アレルギー」があります。

食物アレルギーは猫が普段食べているキャットフードに含まれる成分に対してアレルギー反応が起こり、皮膚に痒みを引き起こします。

*食物アレルギーによる痒みが原因となり皮膚をかきむしった結果、重度の炎症が起きた例

特に猫の場合は、キャットフードに含まれる「穀物」とタンパク源である「豚肉や鶏肉」がアレルギーの原因物質になりやすいのが特徴です。

これらの成分に対してアレルギー反応が起こり痒みを伴う場合は、アレルゲンの含まれていないキャットフードへ変更する必要性があります。

*猫の食物アレルギーについて詳しくは以下の記事でまとめてあります

【獣医師監修】猫の食物アレルギーの原因や症状と正しいフードの選び方(治療法)について
【獣医師監修】猫の食物アレルギーの原因や症状と正しいフードの選び方(治療法)について
この記事では猫の食物アレルギーの原因や症状、正しいフードによる治療法について解説しています。 愛猫...

②ノミダニ

猫ノミに寄生されている場合、猫ノミの唾液に対してアレルギー反応が起こると強い痒みを伴います。

*多数の猫ノミに寄生されていた猫

猫の中には「ノミの唾液」に対してアレルギー反応が起こらずあまり痒がらない猫もいますが、非常に強いアレルギー反応を示す猫もおり、その場合は数匹のノミが寄生しただけでも激しく痒がります。

猫ノミが寄生している場合は、毛をかき分けてよく観察すると小さな黒い虫が潜んでいます。

③耳疥癬(耳ダニ)

耳ヒゼンダニ(耳ダニ)が猫の耳に寄生することでなる病気です。

耳ダニは猫の耳に寄生し繁殖を行い、猫は耳ダニに寄生されると耳に激しい痒みを伴います。あまりにもかゆいため、猫は頭を振りながら後ろ足で耳を盛んに引っかくのが特徴です。

*大量の耳ダニに寄生されている猫。耳ダニが血を吸うときに付けた小さな傷と傷口に集まってきた免疫系の細胞が放出する各種の化学物質により、猫の耳に激しいかゆみを引き起こす。

爪で何十回と耳を引っ掻くことや、壁や地面に耳をこすりつけることが原因で耳の皮膚を傷つけてしまい、そこから細菌性の外耳炎や皮膚炎を起こすこともあるほどです。

*猫の耳ダニについて詳細は以下でまとめてあります

猫の耳ダニ(耳疥癬・ミミヒゼンダニ)の原因と治療・予防法
猫の耳ダニ(耳疥癬・ミミヒゼンダニ)の原因と治療・予防法
猫が耳を痒がる、耳垢が多い。猫の耳ダニの原因・治療法・予防法を獣医師が飼い主さんにわかりやすく説明しています。

④アトピー性皮膚炎

猫のアトピー性皮膚炎は「皮膚のバリア機能の低下」や、花粉やハウスダスト、カビ、化学物質などの「アレルゲン」が皮膚に付着することによって発症する病気です。

アトピー性皮膚炎になると、おもに顔や耳の後ろ、首の部分の皮膚に強いかゆみが生じ、そして猫はかゆみのあまりに患部をしきりになめたりひっかくことで皮膚炎や脱毛を生じます。

原因物質が除去されない限りは痒みが続くため早期の原因特定とアレルゲンの除去をしなければなりません。

まとめ

猫がかゆがる場合に考えられる原因と症状についてはこれで以上になります。

猫がかゆがる場合は、病気が潜んでいる場合が多くあり、放置していると皮膚炎が悪化する可能性が高いことがお分かりになったかと思います

そのため、愛猫がやたら痒がる場合はまずは動物病院へ連れて行き獣医師に相談することが大切です。

スポンサーリンク
書いた人

著者:サワキ ショウタロウ



動物病院勤務の獣医師(8年目)。神奈川県横浜市出身。飼い主さんがネットに氾濫する誤った情報に騙されない為にサイトを設立。獣医師による正しい知識を提供してます。多忙な毎日ですが、暇を見つけてTwitterやサイトを更新。フォロー・ブックマークしていただけると嬉しいです。

詳しいプロフィールとサイト理念はこちら

トップへ戻る