【獣医師監修】猫の結膜炎の症状や原因、治療法について



この記事では、猫の目が赤くなる原因となる結膜炎の症状や原因、治療法について解説しています。

愛猫の目が赤い、白目が充血している」などの場合は、ぜひとも最後まで目を通していただけると幸いです。

猫の結膜炎とは

猫の結膜炎とは、細菌感染や異物の侵入、ドライアイなどの基礎疾患により結膜に炎症が起きている状態のことを言います。

*結膜炎の猫の目の画像。結膜の充血と腫れが見られる

猫の結膜炎の症状

結膜が赤い・腫れている、白目の充血、涙が多い、まばたき数の増加、前足を使って目をこする、目を壁などにこすりつけるなどがあります。

猫の結膜炎の原因

①異物の侵入

目の中に異物が入ることで結膜に炎症反応が起こることがあります。

猫の場合では、ゴミ、シャンプー、花粉、粉じん、揮発性有機化合物などが原因となり結膜炎が起こることがあります。

②他の疾患に付随

ドライアイや流涙症、角膜炎、ブドウ膜炎、緑内障、副鼻腔炎などの他の疾患に伴って、結膜炎が引き起こされることがあります。

その場合は、原因となる疾患の治療が必要になります。

③細菌・ウイルスの感染

猫風邪の一つである猫ウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペスウイルス)猫カリシウイルス感染症などに感染することで結膜炎を発症することがあります。

くしゃみ・鼻水などの風邪の症状に伴って結膜の赤みや腫れが見られる場合は、これらの可能性が高いです。

猫の結膜炎の治療法

①点眼薬(目薬)

結膜の炎症を抑えるために抗炎症作用のある目薬を処方します。

目が開く前の新生子に結膜炎が生じた場合(新生子性結膜炎)は、内側からゆっくりとまぶたを開き、膿や粘液を取り除いた上で点眼式抗生物質を滴下します。

②異物の除去

異物により結膜炎が引き起こされている場合は、まずは目の洗浄などにより異物を除去します。

また眼球周辺の被毛が眼に入って結膜炎を引き起こしている場合は、眼の周囲にある毛を目に入らないようにカットします。

基本的に猫は目の中の異物を第三眼瞼(瞬膜)をワイパーのように使って自力で排出することが可能ですが、異物が目に入らないように飼い主さんが普段から気を付けておくことが予防には重要です。

③感染症の治療

細菌やウイルス感染が結膜炎の原因の場合は、根本的な原因を治療する必要があります。

猫で最も多いのは猫ウイルス性鼻気管炎と猫カリシウイルス感染症などの猫風邪に伴って起こる結膜炎です。

これらの場合は、風邪の治療を行い風邪の改善とともに結膜炎も治ることがほとんどですが二次感染を防ぐために抗生剤入りの点眼薬を使用する場合もあります。

またマイコプラズマやクラミジアなどの細菌性の結膜炎の場合は、抗生剤入りの点眼薬で治療を行います。

まとめ

猫の結膜炎についてはこれで以上になります。

猫の結膜炎は軽度であれば自然治癒する場合もあります。

しかし、異物が残っている場合やその他の疾患が原因となっている場合、細菌感染などの場合では悪化して治るのに時間がかかってしまう場合もあります。

そのため、猫の目が赤く腫れ目やにが多く出ている場合は様子見をせずに早めに動物病院に連れていくことが大事です。

スポンサーリンク
書いた人

著者:サワキ ショウタロウ



動物病院勤務の獣医師(8年目)。神奈川県横浜市出身。飼い主さんがネットに氾濫する誤った情報に騙されない為にサイトを設立。獣医師による正しい知識を提供してます。多忙な毎日ですが、暇を見つけてTwitterやサイトを更新。フォロー・ブックマークしていただけると嬉しいです。

詳しいプロフィールとサイト理念はこちら

トップへ戻る