【獣医師監修】人の目薬はダメ!猫の目やにが多い、黄色い場合の原因は?

スポンサーリンク


この記事では猫の目やにが多い、黄色い場合の原因や、目やにの正しい取り方について解説しています。

愛猫の目やにが多く気になる」「黄色や黄緑の目やにが出てきたけど病院に行くべきか分からない」という飼い主さんは、参考にしていただけると幸いです。

まずは正常な猫の目やにを知る

猫の「目やに」は涙とゴミなどの老廃物が合わさったものです。健康な猫でも少量の目やにが出るのは正常です。

人間も朝起きた時に目やにがついているように、猫も日々の生活の中で少量の目やにが目に端に付きます。

猫の目やにが少量で、特に目に傷も無い、涙も異常に出ていないという場合は、目の病気では無く生理現象である場合がほとんどです。

正しい猫の目やにの取り方

猫の目やにが、上記の写真のような目やにであれば心配する必要はありません。

気になる場合は、濡らしたコットンやティッシュなどで猫の目やにを優しく拭き取ってあげましょう。

また、動物用の点眼薬を使って目やにを綺麗に洗い流してあげるのもおすすめです。

千寿製薬から発売されているワンクリーンは獣医師も使用している動物用点眼薬ですから、目やにが多い愛猫の目やにの掃除用に、一本購入しておくと良いでしょう。

*参照:動物用ワンクリーン

猫の目やにが多い・黄色い時の原因は?

*目に細菌感染が起きている場合このような黄緑色のドロッとした目やにが大量に出てきます

目やにが多い、目やにの色が黄色や黄緑色、目やにがドロドロしているなどの場合、異物による刺激や目の傷からの細菌感染、猫クラミジアによる結膜炎、ウイルス感染症などの原因が考えられます。

この場合はすぐに動物病院を受診しましょう

ちょっとした目の傷や、軽度の結膜炎などの場合は、抗生剤入りなどの薬用目薬による治療ですぐに治ります。

しかし、猫同士の喧嘩などで目に大きな傷がある場合は、放置すると重度の緑内障や細菌感染が起こり、重症化すると失明に繋がる場合もありえます。

*動物病院にて目の表面に傷が無いか検査中の猫

また黄色い目やにとともに、鼻水やくしゃみなどの症状も一緒に出ている場合は、猫ウイルス性鼻気管炎(猫風邪の一種で別名:猫ヘルペスとも言います)が原因である可能性があります。

*猫ウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペス)について、詳しくはこちらで解説しています。

【獣医師監修】猫ヘルペスはうつる?症状や原因、治療や予防法について
この記事では猫ヘルペスウイルス感染症(別名:猫ウイルス性鼻気管炎)の感染原因や症状、治療法や予防法に...

猫に人間用の目薬を使ってはダメ!

愛猫の目やにが多いからといって人間用の目薬を使用しては絶対にいけません。

猫と人間では体重がまったく異なるため、人間の目薬と猫の目薬は成分含有量が異なるからです。また、人間用の目薬の中には猫に使用すると失明の可能性がある成分が含まれている場合もあります。

今は、使い勝手の良い動物用の目薬も市販されています。

上記でも紹介した動物用ワンクリーンや、佐藤製薬から発売されている「動物用点眼薬ドラマ」は、動物専用の目薬ですから安心して使用できます。

これらの目薬には、目やにを除去する作用だけでなく、目やにが多く出る原因である結膜炎等を抑えるのに有効な成分が含まれています。

猫に目薬をする際は、人間用の目薬ではなく、必ずこれら動物用の目薬を使用しましょう。

*参照:動物用目薬ドラマ(佐藤製薬)

まとめ

猫の目やにが多い時や、黄色い時の原因については、これで以上になります。

猫の目やにが少量の場合は、それほど神経質になる必要はありません。動物用点眼薬を自宅で使えば良いでしょう。しかし、黄色や緑のドロッとした目やにが大量に出ている場合は、早めに動物病院へ連れて行ってあげることが大切です。

また、愛猫の目の異常にすぐに気づくためにも、普段から愛猫の目をよく観察し、元気で健康な時の目の状態を知っておくことも大事です。

スポンサーリンク

【この記事をシェア】

トップへ戻る