猫のマラセチア性外耳炎の原因や治療法と予防法について



この記事では猫の外耳炎の原因として最も多いマラセチア性の外耳炎について、その原因や治療法・予防法について解説しています。

愛猫の耳垢が多い、茶色い、湿っていて臭いなどに当てはまる飼い主さんは、ぜひとも最後まで目を通していただけると幸いです。

猫の耳マラセチアについて

猫の外耳炎の原因として最も多いマラセチアとは?

マラセチアとはカビ(真菌)の一種で、猫の耳の中、口の周り、肛門、膣などの正常な皮膚に普通に存在しています。そのためマラセチアは普段は全く悪さをしません

しかしながらマラセチアは、脂質や湿度のある場所を好み増殖に適した環境になると爆発的に増殖します。また猫の抵抗力が低下した時にも増殖しやすく、爆発的に増殖したマラセチアが原因となって外耳炎や皮膚炎などを引き起こします。

猫の外耳炎を起こしている原因の70~80%でマラセチアが関与しているといわれています。

猫のマラセチア性外耳炎の症状

マラセチアが原因となる猫の外耳炎の特徴的な症状として、こげ茶色〜黒色のねっとりとした耳垢耳の特徴的な悪臭耳のかゆみ(耳をひっかく)、耳の中の炎症(耳をひっかくことにより出来た傷から細菌感染した場合)があります。

猫の健康な耳では、外から耳垢がはっきり見えることはまずありません。上記の症状がみられた場合は、早めに動物病院に連れて行くことが大切です。

猫のマラセチア性外耳炎の原因

耳の中の湿気が大きな原因

マラセチア性外耳炎は、耳の中がジメジメして湿気があるような状態のときに最も引き起こされやすいです。湿気の多い梅雨の時期や、耳の垂れている猫(スコティッシュホールドなど)は耳の中の通気性が悪くマラセチアにとっては好条件のため、特に注意が必要です。

体質が原因となる場合もある

そのほか、特に脂漏症といわれる体臭のある脂っぽいベタベタした皮膚を体質として持っている猫の場合は、耳に限らず皮膚に対してもマラセチアが原因の病気になりやすいです。

また、アレルギー体質を持つ猫の場合もマラセチア性の病気になりやすいです。アトピーやアレルギー性皮膚炎を持病として持っている猫の場合、皮膚の抵抗力が弱く、マラセチアもアレルギーの原因となってしまいます。

そのため体質に問題がない子に比べて常にマラセチア性外耳炎を引き起こしやすい状態にあり、外耳炎のみならず皮膚炎に対しても最近では「マラセチアアレルギー」として注目されています

猫のマラセチア性外耳炎の治療法

猫がマラセチア性の外耳炎だった場合、動物病院では以下の手順で治療を行なっていきます。

①耳掃除によるマラセチアの駆除

まずは耳の中にたまった大量の耳垢を綺麗に取り除くため、獣医師が専門の器具を用いて耳掃除(耳洗浄)を行います。

耳垢を取り除くことで、耳の中で増殖したマラセチアの数をできるだけ減らします。また耳の中の通気性を良くするために、耳の中に毛が生えている猫に対しては耳の中の毛を綺麗に抜きます

このようにして猫の耳の中をマラセチアが増殖しにくい環境に変えていきます。

②抗真菌剤の点耳

耳洗浄後は抗真菌剤の入った点耳薬を猫の耳に入れて原因となるマラセチアを殺菌し治療します。

この①と②の治療を短期間で繰り返し行います。

一連の治療は一度きりでは治りません。完全にマラセチアを駆除し外耳炎が治るまでは根気強く繰り返し通院する必要性があります。

猫のマラセチア性外耳炎の治療費用

上記のように、マラセチア性外耳炎の治療の場合は耳掃除と点耳薬での治療がメインとなるため、高額な治療費用はかからない場合がほとんどです。

病院によっても異なりますが、初診であれば受診料・耳掃除と点耳薬代金で3000〜5000円程度でしょう。2回目以降は耳掃除代金と受診料で2000円程度の場合がほとんどです。

猫のマラセチア性外耳炎の予防法

猫のマラセチア性外耳炎は、飼い主さんの意識次第で予防することも可能です。

マラセチアが増殖する環境を作らない

マラセチアはもともと体に普通に存在している常在菌です。

しかし、増殖しやすい環境になってしまった場合はマラセチアの増殖が起こり、耳の中に液体や耳アカが大量にたまると、それを栄養分にしてさらに増え続けていきます

そのため、この病気を予防するには第一にマラセチアが増殖する環境を作らないことが一番重要です

そのための方法として、定期的な耳のお手入れによる耳垢の除去や、耳毛のカットによる通気性の改善などを常に行うことが予防には大切なのです。

脂漏症やアレルギー性皮膚炎の改善

なお、体質として脂漏症やアレルギー性皮膚炎を持っている猫の場合は、まずその基礎疾患に対する治療や体質改善が必要になります。

マラセチア性外耳炎を治す手助けとして、脂漏症の子に対しては脱脂作用の強い二硫化セレンの入ったシャンプーや抗真菌剤を使うことで症状を改善させていきましょう。

また、アレルギー体質の子の場合は、内科的に薬で炎症を抑えたりアレルギー用のフードを食べさせることにより皮膚に抵抗力をつけさせ、マラセチアの増殖を出来る限り抑えます。

体質に合った根本的な治療と共に通常のマラセチア性外耳炎の治療をおこない、上手にコントロールすることが悪化しない為の予防にも繋がっていきます。

まとめ

猫のマラセチア性外耳炎について、ご理解いただけましたか?

猫のマラセチアは動物病院では頻繁に見かける症例です。

ほとんどの場合で綺麗に完治できる病気でもありながら、放置し悪化した場合には耳の奥に後遺症が残る場合もあります

耳の治療は高額の治療費はかかりません。

そのため愛猫の耳垢が多い、耳を頻繁に痒がるなどの異変が見られたらできる限り早めに動物病院に連れて行きましょう。

スポンサーリンク
書いた人

著者:サワキ ショウタロウ



動物病院勤務の獣医師(8年目)。神奈川県横浜市出身。飼い主さんがネットに氾濫する誤った情報に騙されない為にサイトを設立。獣医師による正しい知識を提供してます。多忙な毎日ですが、暇を見つけてTwitterやサイトを更新。フォロー・ブックマークしていただけると嬉しいです。

詳しいプロフィールとサイト理念はこちら

トップへ戻る