【獣医が解説】”なぜ猫がおかしくなる?” 実は意外なマタタビの効果と与え方



猫に与えると「気持ちよさそうに泥酔」したり「妙に興奮」するマタタビ。なぜマタタビを猫に与えるとおかしくなってしまうのでしょうか。

この記事では猫に対する「マタタビ」の効果や正しい与え方について解説しています。

マタタビを愛猫に与える前に、まずは「猫にもたらす効果と正しい与え方」を知っておきましょう。

マタタビとは

マタタビとはマタタビという木の木ノ実を乾燥させたものです。実がまだ蕾の時に虫が寄生すると写真のようなゴツゴツとした実になります。

正常な実では無く、このゴツゴツした方の実のみが猫に特徴的な効果をもたらします。

マタタビは猫に多幸感をもたらすことは広く知られていますが、実は昔から木天蓼(もくてんりょう)という名前で薬として人間用に使用されてきた側面もあります。

猫に多幸感をもたらす植物としてマタタビの他にも「イヌハッカ」(キャットニップ)、「アカバナヒョウタンボク」、「セイヨウカノコソウ」などがあります。

なぜマタタビを猫に与えるとおかしくなるのか?

マタタビには興奮成分が含まれている

マタタビには「アクチニジン」や「イリドミルメシン」「イソジヒドロネペタラクトン」とう成分が含まれています。

これらの成分は脳に作用して中枢神経を興奮させる働きがあります。

猫がマタタビの匂いを嗅ぎ、それらの成分が嗅覚を通して脳に作用することで、結果として猫に多幸感をもたらすのです。

マタタビは脳にダメージを与える?

またマタタビが猫の脳にダメージを与えるというような心配をする飼い主さんもいますが、それについては科学的な根拠はありません。

なので適量のマタタビを猫に与えることは健康に悪いことでは無いのです。

正しいマタタビの与え方と量

慣れを生じさせない量を与える

マタタビの効果はいつまでも続くものではありません。

マタタビは最初は少量で多幸感を得られてもすぐに「慣れ」が生じ、同じ量では多幸感を得られなくなってしまいます。

そのためマタタビを与える際は与えすぎに注意し、少量をたまに与えるという程度でちょうど良いと言えるでしょう。

【マタタビの与え方の例】

・留守番中にマタタビ入りのおもちゃを与える

・病院に連れていく際のキャリーバックに少量のマタタビ

・ごほうびとして

このようにある程度のルールを定めて与えると慣れも生じず効果的に猫を喜ばせることが可能です。

まとめ

マタタビの効果や与え方についてはこれで以上になります。

猫にとってマタタビは人間にとってのお酒のような嗜好品に近いかもしれません。正しく与えれば猫にとって適度な刺激となって良い効果があると思います。

しかしマタタビが猫に有害であるという科学的な根拠は今の所ありませんが、全くの無害だという根拠も無いのでマタタビの与えすぎには注意が必要です。

スポンサーリンク
書いた人

著者:サワキ ショウタロウ



動物病院勤務の獣医師(8年目)。神奈川県横浜市出身。飼い主さんがネットに氾濫する誤った情報に騙されない為にサイトを設立。獣医師による正しい知識を提供してます。多忙な毎日ですが、暇を見つけてTwitterやサイトを更新。フォロー・ブックマークしていただけると嬉しいです。

詳しいプロフィールとサイト理念はこちら

トップへ戻る