猫のふみふみ行動に隠された秘密

お友達にもシェアしていただけると嬉しいです

猫がふみふみする意味や理由は?

子猫が母猫の母乳を出やすくするための名残

猫がふみふみ行動をする理由は、子猫が母猫の母乳を出やすくするための名残です。子猫がお母さん猫のおっぱいをもらうとき、おっぱいの出がよくなるように両手でおっぱいを押しながら乳腺を刺激してお乳を飲みます。そのなごりが猫のふみふみ行動なのです。

人間に飼われている猫の多くは大人になっても飼い主さんに対して子猫気分でいる猫が多く、半眠状態の時に子猫に戻って甘えたい時や、温かくて柔らかい毛布など母猫の乳房の感触を思い出させるようなものに触れたときに猫はふみふみ行動しやすいといわれています。

ふみふみ中の猫は非常にリラックスしていて、幸せな気分になっています。また猫のふみふみは、母猫と分離されたのが早い(離乳の時期が早かった)猫に特に多いです。

*飼い主さんの胸に対してふみふみする猫の動画です

猫のふみふみ、英語ではなんて言う?

猫のふみふみ行動は、英語でミルクトレッドニーディングと言います

猫が毛布をふみふみしながら腰ふりする意味は?

優位性の誇示やストレスの発散

猫が毛布などでふみふみしながらカクカクと腰をふる。そんな行動を目撃した飼い主さんもいることでしょう。

猫のふみふみ行動はメス猫・オス猫の両方共に見られますが、ふみふみしながら腰をふるのはオス猫のみにみられる行動です。オス猫のこのふみふみ行動は発情期にみられるマウンティングに近い意味があり、自らの優位性の誇示やストレスの発散などの意味があると考えられています。

そのため多頭飼育の家庭では、他の猫の背中に対してふみふみしながら腰を振るオス猫のケースが多いです。

猫が後ろ足でふみふみする意味や理由は?

肛門チェックのお願いの意味

猫のふみふみの多くは前足で行われますが、中には後ろ足でふみふみする猫もいます。

猫が後ろ足でふみふみする理由は、「自分の肛門の匂いをチェックして欲しい」という意味があると考えられています。後ろ足をふみふみすることで相手の注意を引きながら「お尻の匂いを嗅いでくれにゃ!」と言ってるわけです。

この行動はオス猫・メス猫共に見られますが、特に発情期のメス猫で多く見られます。つまり後ろ足でふみふみしながら「発情してるにゃ!」ということをアピールしているわけですね。

猫のふみふみ動画

同居猫のお腹をふみふみする猫♩

毛布をふみふみして止まらない猫♫

お友達にもシェアしていただけると嬉しいです

フォロー

トップへ戻る