【獣医師監修】猫の風邪の正しい知識



この記事では猫の風邪の原因や症状治療法や予防法などを丁寧に解説しています。

愛猫がくしゃみや鼻水、涙を出している」という飼い主さんや、獣医師による正しい猫の風邪の知識を知りたいという飼い主さんは、ぜひとも最後まで読んでいただけると幸いです。

猫の風邪とは?

ぼーちゃん
へ、へっくし!!!
おやおやぼーちゃん、大丈夫ですか?
なぁ先生、これは猫風邪ってやつかい?

実際には「猫風邪」という病気はありません。

ウイルスや細菌性の病気に猫が感染してしまい、猫がくしゃみや鼻水などの人間の風邪と同じような症状がみられた場合に、一般的に「猫風邪」と言われています

え!?風邪っていう病気じゃないんだ!知らなかったぜ・・・

猫風邪の原因

猫も人間と同じように、ストレスなどで疲れたり、寒さで体が冷えたり、栄養が足りなかったりするとウイルスなどの病原菌から体を守る抵抗力が低下します。

そして抵抗力が低下するとウイルスや細菌などに猫の免疫システムが負けてしまい、感染してしまいます。

実際の医療現場では、猫の風邪の原因となる感染症は主に以下の3つが挙げられます

猫ウイルス性鼻気管炎

クラミジア

猫カリシウイルス

なるほど!猫がウイルスに感染して、人間の風邪のような症状が出るのね!

猫の風邪は他の猫にもうつるのか?

猫の風邪は簡単に他の猫にうつります。

主に感染した猫と直接接触することによりうつりますが、風邪をひいている猫の鼻水やくしゃみにより飛び散った唾液にもウイルスは含まれますので、それらに間接的に接触することでもうつってしまいます

猫が風邪をひいた時の飼い主さんの対応について

猫の容態をしっかり見定めて、必要な時には病院に連れて行ってあげることが大切です

まずは猫の容態をしっかり見よう

通常、大人の猫が「猫風邪」になったからすぐに命を落とすような事態になることはありません。

元気はあるけども少し風邪っぽい」という状態であれば、暖かい場所(冬は特に)で安静にし、少し様子をみてもいいでしょう。

くしゃみ・鼻水は出るけど、俺は元気ありまくりだぜ!(病院に行きたくない…)

子猫や老猫は急激に弱る可能性も

子猫や老猫の場合は体の免疫力が十分では無いため、風邪により急激に弱ってしまう場合もあります。

子猫や老猫で風邪のような症状に加え食欲の低下やぐったりしている様子が見られたら、出来るだけ早めに動物病院に行った方が良いでしょう。

風邪のような症状であっても、猫風邪ではない場合も多々あります

猫風邪の治療法

猫風邪の治療は対症療法が基本

獣医師が診察をし猫風邪と判断した場合、動物病院での治療は対症療法が基本になります。

対症療法って??

対症療法というのは、食欲が無ければ栄養点滴を、目やにがひどければ目薬を、二次感染を防ぐために抗生剤を処方するなどの治療です。

風邪の症状を抑えて食欲を取り戻してもらうことが猫の風邪を治すためには一番重要になるからです。

症状が重度の場合であれば、原因ウイルスを倒すために抗ウイルス剤やインターフェロンなども使用する場合もありますが、多くの場合は対症療法がメインになります。

猫の風邪に人間の薬は絶対ダメ!

ときどき、飼い主さんの中に「猫が風邪をひいた場合、人間用の風邪薬を与えてもいいですか?」と聞かれますが人間用の薬を猫に与えては絶対にいけません

人間用の薬の中には猫に与えると死んでしまう薬もあります。また容量も人間と猫では全く異なるので、何があっても人間用の薬を与えてはいけません。

人間用の薬を飲んで猫が死んでしまった事故もあります

猫の風邪の予防法

予防のためにはワクチン接種が基本

猫風邪の原因となる、猫ウイルス性鼻気管炎・猫カリシウイルス感染症、猫クラミジアはワクチン接種により予防することができます

ワクチンは猫の病気予防にめっちゃ大事だぜ!

また、猫の抵抗力が低下してしまうとウイルスに負けやすくなってしまうために、寒い時は暖かい部屋を用意してあげる、栄養管理に気をつける、などの日々の健康管理も重要です

寒いの苦手な猫は特に温度管理に注意してな!

猫の風邪が治らない場合

自宅で安静にしてても猫風邪が治らない場合

自宅でしばらく安静にしててもなかなか治る気配が無い。そういった場合は早めに動物病院を受診してください。猫風邪が治らないのは他に原因がある可能性があるからです。

特に悪化していくような場合はすぐに病院に連れて行ってください

動物病院に通い薬も飲んでるのに、猫風邪が治らない場合

通常の猫風邪であれば対症療法で症状を抑えながら、同時に免疫力をあげることで猫の自己治癒力で回復していきます。

しかし、中にはなかなか治らず長引く子もいます。元々虚弱な野良猫や子猫、また老猫の場合は、免疫力が低く回復に時間がかかる場合が多いです。

また、動物病院に行き薬を処方してもらったのに猫風邪が一向に治らない場合、その動物病院で処方された薬が合っていない場合もあります。

症状が重い場合は対症療法だけでなく、原因となるウイルスを薬によって倒す必要性がありますが、それぞれのウイルスに合っている薬で無いと効果は望めません。例えば、

猫ウイルス性鼻気管炎:抗ウイルス剤

カリシウイルス感染症:インターフェロン

クラミジア:抗生剤

といったように、それぞれの原因に合わせて薬が異なります。

獣医師は検査や猫の症状により、長年の経験から薬を選択します。

病院によっては決まった方法でしか対応しない古い体質の動物病院もありますので、もしも何回も通って回復しない場合は、思い切って違う動物病院に行ってみることも検討していいと思います

動物病院が自宅の近くに他にもある場合は一度変えてみてもいいと思いますよ

まとめ

猫風邪について飼い主さんに知っておいて欲しいことは以上になります。

猫の風邪といっても場合によっては命にかかわる場合もあること、大切なことはワクチンによる予防であること。

そして、必要な時には動物病院に連れて行くこと

それらのことが愛猫の健康のためにも大切なことになります。

書いた人

著者:サワキ ショウタロウ



動物病院勤務の獣医師(8年目)。神奈川県横浜市出身。飼い主さんがネットに氾濫する誤った情報に騙されないようにする為にサイトを設立。獣医師による正しい猫の知識を提供していきます。多忙な毎日の中、暇を見つけてはTwitterやサイトを更新中。フォロー大歓迎。

詳しいプロフィールとサイト理念はこちら
スポンサーリンク
トップへ戻る