猫の鳴き声の種類と意味、鳴く時の猫の気持ちについて



この記事では猫の鳴き声の種類ごとに、その時の猫の気持ちや鳴き声の意味を解説しています。

愛猫が鳴いている時の気持ちを知りたい飼い主さんの役に立つ記事になっていますので、ぜひとも最後まで目を通していただけると幸いです。

猫の鳴き声の豆知識

猫の鳴き声は飼い主さんへのメッセージ

猫は猫同士のコミュニケーションで鳴き声を多用することはあまりしません

猫同士の場合は鳴き声ではなくボディランゲージ(例えば鼻を突き合わせたり、互いの匂いを嗅ぎあったり、毛づくろいを行うこと)で意思の疎通を行います

猫同士ではそれで意思疎通を行えますが、猫と人間の間ではボディランゲージだけでは気持ちが伝わりません。そこで猫は飼い主さんに自分の気持ちを伝えるために様々な鳴き方をして気持ちを伝えようとするのです。

よく鳴く猫ほどわがままで甘えん坊

上記のような理由をふまえると、要求が多くわがままな性格の猫ほど飼い主さんに向かって鳴き声を多用することがわかります。

また猫の性格や性別によってもよく鳴く猫と、ほとんど鳴かない猫と個性が大きくわかれ、オス猫のほうがたくさん鳴く傾向があります。

さらには多頭飼いよりも、1匹飼いの方が飼い主さんに対してたくさん鳴くようになります。

猫がよく鳴く理由

猫が飼い主さんに対して鳴くのは「飼い主は自分が声を出したときだけ反応する」と学習したためです。

猫の普段の行動やリズムなどから猫の要求を感じ取り「そろそろお腹空く頃だね」「ドアを開けて欲しいんだね」などを猫が鳴く前に察知し、猫が要求鳴きをする前にお世話をしてあげている飼い主さんの場合は鳴く回数が少ない傾向があります。

これは鳴き声を出さなくても飼い主さんが判ってくれると猫が知っているからです。

また、早期に母猫から離された猫の場合はあまり鳴かなくなると言われています。これは母猫との間で子猫が鳴き声を使う機会が少なかったために、鳴き声でのコミュニケーションの取り方をよく知らないためです。

猫の鳴き声の意味や気持ちは?

猫の鳴き声は音の強さや、高音・低音などの違いによって様々な意味を持ちます。

鳴き声の高さや抑揚から猫の気持ちを汲み取れるよう、日頃から猫の声を注意深く聞くことが大切です

高い音の鳴き声の意味と気持ち

猫の鳴き声を大きく分けた場合、高音の鳴き声の場合は飼い主さんに対して要求や甘えの気持ちを表している場合が多いです。

猫が飼い主さんに対して「かまってよ」という時や「甘えさせてよ」というときに高い声で「にゃー」と鳴くのです。

低い音の鳴き声の場合

低い音の鳴き声の場合は、威嚇や警戒、不安や不満感を表します。つまり飼い猫の場合であれば、飼い主さんに対して低い声で鳴く時は放っておいてほしいときだということです。

また強い欲求、不満、苛立ちなど満たされていないストレスがある場合、猫が低い声で鳴き止まないことがあります。

そのような場合は、早めに猫の鳴き声の原因となっている不安やストレスを取り除いてあげることが大切です。

ポジティブな意味と気持ちを表す猫の鳴き声

猫の鳴き声の中でも、飼い主さんに構って欲しい時や遊んで欲しい時などに発するポジティブな意味の鳴き声を紹介します。

ニャーオ(高音ではっきりした鳴き方)

この鳴き声は空腹により餌が欲しい時や、ドアを開けて欲しい時などに飼い主さんの関心を引くための鳴き声です。そして抑揚をつけることによって欲求や不満などの気持ちを表現しています。

「ねぇねぇ、もうご飯ないけど?早くちょうだいよ!(不満を感じている時の要求)」という時の鳴き声という感じでしょう。

ウニャァーン(高音で少し長めに伸ばす)

ご飯がほしい、遊んでほしい、かまってほしいなどの要求を飼い主さんに表すときの猫の鳴き声です。

一般的に不平不満は含まれず「ご飯欲しいにゃ〜」「遊んでにゃ〜」といった単純に欲求の気持ちを表現する時にこのように鳴きます

ニャン!(高音で短い)

猫が親しい間の仲間に挨拶をする際の鳴き声です。

人間で言えば「おす!」とか「おはよう!」という感じでしょう

*白猫のユキちゃんの鳴き声の動画が分かりやすかったです

ネガティブな意味と気持ちを表す猫の鳴き声

ポジティブな意味で鳴く場合とは反対に、構って欲しく無い時やイライラしてる時、怒っている時などのネガティブな意味の鳴き声です

ニャッ(低音で短い)

低く短い鳴き声の「ニャッ」は相手への警告や自分の不満を表す鳴き声です。

猫がリラックスしているときや寝ている時に飼い主さんが猫を触ったとき、この「ニャッ」と鳴く場合「気持ちいい」というよりも「うっとしい」「ほっといてくれよ」という意味が含まれていることが多いです。

ウー(低音で唸るような鳴き声)

猫は、相手を警戒していたり戦闘体制をとっている時に低い声で唸るように鳴きます。

これは相手へ「俺に近寄るな!」や「これ以上近づいたら攻撃するぞ!」という意味が含まれています。

飼い主さんにこのような鳴き声をする場合は、過剰ないたずらや、猫が嫌がることを延々と続けた場合に多く見られます。「ウー」と鳴き始めたらすぐにそれらの行動を止めましょう。

ケケケッやカカカッ(喉の奥を鳴らすような低音)

窓の外に鳥が来たり、部屋の仲に虫が出たりなどして、猫が狩猟体勢をとっているときに聞かれたことがある飼い主さんもいるでしょう。

この鳴き声は「クラッキング」と呼び、猫が興味を惹かれるようなものを狙う場合や獲物を捕まえようとしている時にこの鳴き声を発します。

まとめ

主な猫の鳴き声の種類と、鳴き声の意味やその時の気持ちは以上になります。

このように、猫は人間の言葉が話せませんが実は飼い主さんにたくさんの「猫語」を使って話しかけているのです。

大事なことは愛猫が鳴いている時に耳を傾け、猫の気持ちを読み取ってあげることです。

猫の気持ち読み取ることが出来るようになれば愛猫との関係性は一層深くなり、より強い絆で結ばれると思います。

書いた人

著者:サワキ ショウタロウ



動物病院勤務の獣医師(8年目)。神奈川県横浜市出身。飼い主さんがネットに氾濫する誤った情報に騙されないようにする為にサイトを設立。獣医師による正しい猫の知識を提供していきます。多忙な毎日の中、暇を見つけてはTwitterやサイトを更新中。フォロー大歓迎。

詳しいプロフィールとサイト理念はこちら

スポンサーリンク
トップへ戻る