【獣医師監修】高齢猫の嘔吐の原因に!猫の膵炎について

スポンサーリンク


この記事では、猫の膵炎について、原因や症状、治療について詳しく解説しています。

猫の膵炎について

猫の体内において、膵臓からタンパク質を分解する「トリプシン」や、炭水化物を分解する「アミラーゼ」、脂質を分解する「リパーゼ」などの酵素を含む膵液が分泌されます。

何らかの原因により、膵液の流れが悪くなったり、膵液の通る菅が詰まったりしてしまうと、膵臓内で消化酵素が活性化されて膵臓自体を消化してしまい、膵炎が生じます。

中高齢の猫において「原因不明の嘔吐の増加」の原因として「慢性膵炎」が隠されている場合があります。

膵炎と聞くと、人間の膵炎のように激烈な症状が出るような印象がありますが、猫で多い慢性膵炎ではそのような症状は出ません。そのため、症状から診断することは非常に困難であり、ベテランの獣医師であっても見逃してしまうケースも多くあるのが、猫の膵炎の特徴です。

症状

膵炎になると、腹部の痛み、それに伴う食欲不振、嘔吐、などの症状が出ます。

また膵臓からは、血糖値を低下させるインスリン、血糖値を上昇させるグルカゴンなどのホルモンを分泌し、血糖値を適切な範囲に保つという重要な役割があります。膵炎になることでこの調整機構が正常に働かなくなると、低血糖や糖尿病なども併発してしまいます。

検査

人や犬では、膵炎のマーカーとして「血中アミラーゼ」や「血中リパーゼ」が用いられますが、猫の場合は参考になりません。猫は膵炎であってもこれらのマーカーの感度が低く上昇せず、また肝疾患、腎疾患、腸疾患でも上昇してしまうため、膵炎のマーカーとして適さないからです。

猫の膵炎の場合、血中の猫膵特異的リパーゼ(Spec fPL)値をマーカーとして測定します。

血中のリパーゼは、膵リパーゼ以外にも、胃リパーゼ、肝リパーゼなど複数の種類があります。猫膵特異的リパーゼは、このうちの「膵リパーゼのみ」を測定するのです。

猫膵特異的リパーゼの値が高い場合は「膵炎と診断」されますが、猫膵特異的リパーゼの値が低いからといって「膵炎では無い」とは診断されません。

というのも、猫膵特異的リパーゼは値が上昇しにくく、実際には膵炎であっても猫膵特異的リパーゼの値が正常値である場合もあるからです。

治療

現在のところ、膵臓に直接効果がある薬はありません。そのため、痛みの管理、点滴による栄養補給などの対症療法が治療のメインになります。また、猫の膵炎は糖尿病や肝疾患、腸疾患を合併していることが多く、それらの合併症がある場合には、両方の治療を行うことが大切です。

嘔吐を抑える

度重なる嘔吐は脱水や栄養不足を助長し、膵炎を悪化させます。そのため、制吐剤によって嘔吐を抑えます。

制吐剤にはマロピタントなどの薬が使われます。マロピタントは腹痛も緩和させる効果も期待でき、猫の膵炎で有用です。

輸液

膵炎の猫では、嘔吐や下痢によって水分を失い脱水が起こります。そのため、輸液によって水分の補充を行い、膵臓に適切な血流を確保し、回復を促します。また嘔吐が続くとミネラルバランスも崩れてしまうため、それも点滴により是正します。

栄養管理

かつては膵炎に対して24〜48時間の絶食を行うべきという考えがありましたが、現在では人の医療でも、できるだけ早く口からの栄養補給(経腸栄養補給)が推奨されています。

特に猫の場合は栄養不足が長期化すると「肝リピドーシス」を起こす可能性が高まるため、絶食は大変危険です。

しかし、ほとんどの膵炎の猫は食欲がありません。そのため、注射器を使った食事補助、栄養カテーテルを鼻や食道、胃に設置して必要な栄養素を摂取します。鼻カテーテルは麻酔をかけずに設置できるため、治療初期の体調が悪い時期の栄養補助に適しています。

痛みを抑える

猫は犬よりも明らかな痛みを訴えることは少ないですが、鎮痛剤の投与により症状が改善することが多いです。オピオイド系鎮痛薬のレペタン、フェンタニルパッチなどが使われます。

まとめ

猫の膵炎についてはこれで以上になります。

猫の膵炎の多くは慢性で、適切な治療を行えば予後は良好です。

慢性膵炎は治療により一旦回復する事が殆どですが、再発することもあり、飼い主の長期的な管理や治療が必要になる事があります。

スポンサーリンク

【この記事をシェア】

トップへ戻る