【獣医師監修】猫の口が臭い時の原因と対処法について

スポンサーリンク


愛猫があくびをした時、口臭がひどくて驚くこともありますよね。口臭がひどい猫は、歯周病や歯肉炎になっている事が多々あります。

この記事では、猫の口臭の原因となる歯周病や歯肉炎について、原因や治療・予防法について解説しています。

愛猫の口臭で悩んでいる飼い主さんは、ぜひとも最後まで目を通していただけると幸いです。

猫の口臭の原因

溜まった歯垢や歯石で増殖した細菌

猫の口臭の原因は、長年にわたり歯に溜まり続けた歯垢や歯石の中で増殖した細菌です。

普段、歯磨きを行う習慣の無い猫の場合、歳を経てくると歯の表面に歯垢や歯石が蓄積されていきます。

これが原因となって細菌が増殖し、細菌の毒素が歯茎や歯肉に炎症を起こします。この状態を猫の歯周病と言います。

*歯垢が歯石化し、歯肉炎にまで発展している猫

歯周病になった猫は、増殖した細菌のせいで口臭が悪化します。口臭はひどく生臭く、腐ったような匂いがする猫もいるほどです。そのような猫があくびなんかした時には、大変な激臭が飼い主さんを悩ませます。

猫の歯周病

猫は歯周病になるとまず、歯茎が炎症により赤くなります。初期段階の歯周病を放置していると、やがて重症化し、以下の症状が見られます。

・歯茎からの出血

・腐敗臭を伴う口臭

・歯肉の腐敗:歯が伸びたように見える、歯がぐらつく、歯が抜ける

ここまで進行してしまうと、猫は歯肉の痛みや歯のぐらつき、歯の抜けで、正常に餌を食べることが出来なくなります。

さらに、歯の根元から鼻の方まで細菌が侵入する場合もあり、歯周病が原因となって副鼻腔炎を併発するようなケースもあります。

猫の口臭の対処法

①歯石の完全除去

猫の口臭を完全に除去するためには、歯石を完全に除去する必要があります。

というのも、歯石を除去しない限りは細菌が増殖する環境が用意されており、増殖した細菌により口臭は消えません。

猫の歯石を除去するためには、全身麻酔を行い、完全に眠らせた状態で、獣医師がスケーリング(スケーラーと呼ばれる医療器具による歯石除去)を行います

以下の動画のように、歯の表面の石灰化した歯石を徹底的に除去します。

*猫の歯をスケーリングしている動画

完全に歯石を除去し、口内環境の清浄化が完了することで、飼い主を悩ませていたひどい口臭はきれいさっぱり無くなります。更に、猫の歯肉炎・歯周病も治ります。

②猫用の口臭対策スプレーを使う

猫の口臭の根本的な対策法は上に挙げた歯石の除去ですが、予算や麻酔への不安などで、歯石の除去を行えない人もいるかと思います。

その場合は、猫用の口臭スプレーを使ってみることをおすすめします。猫の飲み水に混ぜるタイプの商品も出ているので、簡単に使うことが可能です。

*参照:猫用口臭対策スプレー

③猫に歯磨きを行う

猫の歯磨きをしない飼い主さんは多いです。しかし、猫の口臭の原因となる歯周病の一番効果的な予防方法は、日常的に猫に歯磨きを行うことです。

歯磨きを行うことによって歯垢の定着を防ぐことができ、細菌の増殖場となる歯石の形成を防ぐことができます。

猫の歯磨きはコツを掴めばそれほど難しいことではありません。猫の歯みがきの方法に関してはこちらで詳しく解説していますので、よかったら参考にしてください。

【獣医師監修】猫の歯磨きの必要性とやり方・コツについて
この記事では猫の歯磨きの必要性と正しいやり方・コツについて説明しています。 「愛猫の口臭が気になる...

④ドライフードへの変更

やわらかくて歯の間に残りやすいウェットフードばかり猫に与えている場合、少し固いドライフードに切り替えることも、口臭の原因となる歯周病の予防に効果があります。

ドライフードへ切り替えることで、猫は咀嚼回数を増やします。咀嚼回数が増えれば、唾液の量が増え、歯の表面に付着した細菌を洗い流す効果が高まります。

動物病院に来院する歯周病の猫の多くが、ウェットフードを好んでいます。ドライフードを与えることは、生涯ウェットフードを食べるよりも、歯周病になりにくいと言えるでしょう。

まとめ

猫の口臭の原因と対処法については、これで以上です。

ここまで読んでいただけた方は、早期に歯周病の予防対策を行うことで、口臭の予防はもちろん、猫の歯の寿命を延ばすことも可能だと、お分かりいただけたと思います。

歯磨きをしたことが無い飼い主さんも、この機会に愛猫に歯磨きをトライしてみることをおすすめします。

スポンサーリンク

【この記事をシェア】

トップへ戻る