【獣医師監修】猫回虫の症状や薬、予防法について【白い寄生虫】



この記事では猫の回虫症の感染原因や症状、薬、予防法について解説しています。

「愛猫の糞に白くて長い寄生虫がいる!」「回虫症の治療法や予防法が知りたい」という飼い主さんは、ぜひ最後まで目を通していただけると幸いです。

猫回虫とは

猫の回虫症とは、寄生虫の一種である回虫に感染することで腸内環境が荒らされてしまい下痢や便秘などが引き起こされる病気です。

回虫はヒトやイヌ、ネコなど多くの哺乳類の小腸に寄生し、体長は5〜15cm、見た目は白いミミズのような寄生虫です。

*猫の糞便とともに出てきた猫回虫

猫に寄生する回虫はネコ回虫がほとんどですが、イヌ小回虫が猫に寄生している例も稀に見られます。

猫回虫の症状

猫回虫に寄生された場合の主な症状には、下痢・嘔吐便秘による腹部膨満、子猫の発育不良・毛艶の悪化(回虫に栄養を奪われることで起こる)があります。

また、回虫に寄生されていても無症状の場合もあります。

猫が回虫を体外に排出することで気づく

回虫が寄生している場合、愛猫が嘔吐した時に回虫の成虫を吐き出したり、糞便内に回虫の成虫が混じっていることで飼い主さんが異変に気づくことが多いです。

猫回虫の感染原因

経口感染が基本

回虫卵に汚染された糞便に接触することで、猫回虫に感染します。

猫の場合は回虫卵に汚染された排泄物を食べてしまうことは稀ですが、回虫卵に汚染された糞便を食べたネズミを捕食することで感染してしまう例が多く見られます(特に野良猫の場合)。

また、猫同士の毛づくろいの際に回虫卵を体内に取り込んでしまう場合もあります。

他にも母猫の母乳から子猫に感染する場合もありますが、妊娠中に胎盤から子猫へ感染することはありません

予備知識:猫回虫のライフサイクル(詳しく知りたい人向け)

猫回虫の卵が猫の体内に侵入すると、卵は小腸内で孵化して壁を突き破り、血管内を移動しながら肺に到達します。そこで幼虫の第三形態まで成長すると、気管支や食道に移動し、宿主に飲み込まれることで再び腸管内に戻ってきます。

腸管内で成虫となった猫回虫は、宿主(猫本体)から栄養を盗み食いしながら、1日10万個近い卵を産みます

これらの卵は猫の排泄物と共に外界に排出され、再び他の宿主(猫)に取り込まれるのを待つのです。

猫回虫の薬・治療法

駆虫薬の投与が治療の基本

猫回虫に感染した場合は駆虫薬を投与して猫体内に寄生している猫回虫を除去します。

猫回虫に効果のある駆虫薬には、背中につけるタイプのレボリューションやブロードライン、飲ませるタイプのドロンタールなど複数の種類があります。

猫の年齢などによって適切な薬が変わるため、動物病院で診察を受けた後で獣医師が選択します。

完璧に回虫を駆除するために複数回の投薬を行う

駆虫薬は回虫の卵には効果が薄いため、最初の治療(1回目の駆虫薬の投与)だけでは虫卵や幼虫を駆除出来ません

そのため初めて駆虫薬を投与してから2週間後に再検査を行い、必要に応じて駆虫薬の再投薬を行います。

猫回虫は人へ感染する場合もある

猫回虫の卵が人間の体内に入ってしまった場合は人間も猫回虫に感染する可能性があり、人間が感染した場合はトキソカラ症と呼びます。

日本でトキソカラ症の報告事例は非常に少ないですが、インドなどの発展途上国では今もなお多くの事例が報告されています。

猫回虫の人への感染原因

砂場で遊んだ後やガーデニングなどの作業後に、手を洗わないまま食べ物に口を付け、回虫の虫卵を摂り込んでしまう場合があります。

また、ニワトリなどのレバーの生食(肝臓に回虫の幼虫が潜んでいる可能性がある)して感染するリスクもあります

猫回虫に人が感染した場合の症状

主な症状に、発熱や全身の倦怠感、食欲不振などがあります(幼虫が侵入する臓器によって症状が異なる)。肺では咳や喘鳴(ぜんめい)を、脳に達すればてんかん様発作の原因となると言われています。

回虫が目に侵入してしまった場合、主な症状としては網膜脈絡炎、ブドウ膜炎、網膜内腫瘤、硝子体混濁、網膜剥離による視力・視野障害、霧視(むし)、飛蚊(ひぶん)症などがあります。

その他、神経型(しびれ、麻痺)や潜在型(アレルギーの原因)といった新しい症状も指摘されています。

猫回虫に人が感染した場合の治療法

一般的に自然治癒すると言われていますが、体内の組織内に寄生した幼虫に対しては、確実な治療法は存在しません。

猫回虫に人が感染しないための予防法

子供が砂遊びをした後や、野良猫を触った場合、大人でもガーデニング作業などを行った後は必ず手をきれいに洗うようにしましょう。またレバーなどの生食を避けることも大切です。

まとめ

猫回虫についてはこれで以上になります。

猫回虫は基本的にそれほど症状も重くなく、適切な駆虫薬の投薬で治る病気です。しかし幼猫や複数の病気に同時感染している猫などでは重症化してしまう例もあります。

また飼い猫から人間も感染することがある怖い側面もあります。

そのため、愛猫の糞便や嘔吐物から猫回虫と思しき寄生虫が見られた場合は速やかに動物病院に行き診察を受けることをおすすめします。

スポンサーリンク
書いた人

著者:サワキ ショウタロウ



動物病院勤務の獣医師(8年目)。神奈川県横浜市出身。飼い主さんがネットに氾濫する誤った情報に騙されない為にサイトを設立。獣医師による正しい知識を提供してます。多忙な毎日ですが、暇を見つけてTwitterやサイトを更新。フォロー・ブックマークしていただけると嬉しいです。

詳しいプロフィールとサイト理念はこちら

トップへ戻る