【獣医師監修】猫のワクチンの種類や副作用は?値段と必要性についても解説!

スポンサーリンク


この記事では猫のワクチンの副作用や、種類、値段、ワクチンの必要性についても解説しています。

愛猫にワクチンを受けさせた方がいいの?」「どのワクチンを受ければいいか分からない」などの疑問を持つ飼い主さんは、ぜひとも最後まで読んでいただけると幸いです。

猫のワクチンの必要性について

なぁ先生、俺は外嫌いだから一切外には出ないけどさ、それでもワクチンを受けなくちゃいけないのかい?
受けなくちゃいけない訳ではないけれど、受けたほうが絶対に良いよ

完全室内飼育の猫の場合、ワクチン接種は必要ないと思うかもしれません。しかし、室内飼育の猫の場合であっても猫風邪などの感染症にかかってしまいます。

例えば多頭飼育の場合、同居の先住猫が既にウイルスを持っている場合もあります。また拾った野良猫はもちろんですが、子猫が生まれたブリーダーやペットショップにて既にウイルスに感染しており、家に迎え入れた時点でウイルスに感染している場合もあります。

ウイルスに感染したからといってすぐに症状が出るわけでは無く、猫の免疫力が低下するとウイルスはここぞとばかりに増殖して悪さします。

そして、感染したウイルスのいくつかは、一生涯、猫の体内に潜んでいます。ワクチンを接種することで、猫の体内にそれらウイルスに対する抗体を作れば、猫の免疫力が低下した時も抗体がウイルスの増殖を防いでくれます。

そのため、室内飼育の猫であってもワクチンが必要なのです。

猫のワクチンの種類と予防できる病気は?

猫のワクチンの種類は3種混合、5種混合、7種混合、猫エイズワクチンがあります。

【猫のワクチンの種類一覧】

3種混合猫ウイルス性鼻気管炎猫カリシウイルス感染症(FC7)猫汎白血球減少症

5種混合:3種混合+猫クラミジア感染症猫白血病ウイルス感染症

7種混合:5種混合+カリシウイルス2種(FC28、FC64)

*カリシウイルスには種類の異なる3種類があります

猫免疫不全ウイルス(猫エイズ)

3〜7種の混合ワクチンにおいて、猫汎白血球減少症・猫白血病以外に関しては、主に猫風邪の原因となる感染症を予防します。

猫に何種ワクチンを接種すべきか?

①完全室内飼育の場合

完全室内飼育の猫の場合であれば3種混合ワクチンで良いでしょう。

3種ワクチンには感染すると死の危険性が高い猫汎白血球減少症、そして猫風邪の一般的な原因となる猫ウイルス性鼻気管炎猫カリシウイルス感染症(FC7)が含まれています。

また、完全室内飼育の猫であれば野良猫との接触もなく、猫クラミジア感染症猫白血病ウイルス感染症への感染可能性は低いからです。

②半室内飼育・完全外飼育の場合

野良猫は猫エイズ・猫白血病に加え、実に多くのウイルスを保有している場合が多いです。

外飼育の猫の場合は野良猫と接触する機会が多く感染症にかかるリスクは室内飼いと比較すると激増します。

そのため、外で野良猫と接触する機会のある猫に関しては、5種or7種混合を選ぶのが良いでしょう。

また、とりわけ頻繁に外に出る猫の場合、猫エイズワクチンの接種も行なうことをおすすめします。

*猫エイズに関してはこちらで詳しく解説しています

【獣医師監修】猫エイズは人にうつる?症状や治療法、ワクチンや寿命について
この記事では猫エイズについて、感染原因や症状、検査法、治療や予防法、人間にうつるのか?など、猫エイズ...

猫のワクチンはいつ・何回打てばいいのか?

1歳までの子猫の場合

子猫の場合、二回のワクチン接種を行います。

生後2〜3ヶ月で1回目のワクチン接種を行い、1回目のワクチンから3週間以上空けて2回目のワクチンを打ちます。

生まれたばかりの子猫は母猫の母乳を飲んで育ちますが、母猫の母乳には、子猫の体をウイルスから守る「抗体」が多く含まれています。

生後2ヶ月頃までは、母乳から取り入れた抗体(母子免疫と言います)がウイルスや細菌などから子猫を守ってくれます。生後2ヶ月を過ぎる辺りから母子免疫が低下し抵抗力が低下してくるので、この時期から感染症に感染しやすくなってしまいます。

ちなみに、母子免疫に守られている時期にワクチン接種しても、母子免疫でワクチンの効果が半減してしまうため、生後2ヶ月を過ぎてからワクチンを打つのです。

1歳以降の猫の場合

1歳以降の猫の場合は、年に一度のワクチン接種で十分です。

ワクチンの効果は、約一年ほど経つと低下し始めてしまいます。そのため、年に一度ワクチンを打つことで、ワクチンにより獲得した免疫力を維持するのです。

猫のワクチン接種の値段

一般的に以下の料金内に設定されている動物病院がほとんどです。

【猫のワクチンの料金(目安)】

3種混合:4000〜6000円

5種混合:6000〜8000円

7種混合:7000〜8000円

猫エイズワクチン(1回):4000円程度

ただワクチンには決まった値段はありませんので動物病院によって多少差があります。確実な料金を知りたい場合には、来院する予定の病院に電話で一度確かめておくのが良いでしょう。

猫のワクチンの副作用について

猫の場合、ワクチン接種により副作用が起こる可能性はとても低いです。その可能性は、およそ、1000頭に一頭くらいの割合です。

猫の飼い主として、ワクチン接種の際に起こりうる副作用を知っておくことが大事です

ワクチンの副作用による症状

猫の場合、ワクチン後に、元気や食欲が無くなる軽度の嘔吐や下痢、便秘が起こることがあります。

しかし、これらの症状はワクチン自体の副作用というよりも、どちらかといえば慣れない動物病院への来院によるストレスの影響である場合も多く、この場合は、1日安静にしていれば翌日は元気が戻っていることが多いです。

動物病院は行くだけで疲れるんだよな(犬とかいるしさ)

また、ワクチンの副作用として「顔全体がパンパンに腫れる(ムーンフェイスといいます)」ことが稀に起こりますが、この場合は速やかに動物病院に連れて行くのが良いでしょう。

気をつけるべき副作用の症状

猫のワクチンによる副作用の中で、最も気をつけるべきはアナフィラキシーショックです。

これは、ワクチンに含まれる成分に猫の免疫システムが過剰に反応してしまった場合に起こるのですが、以下の症状が出た場合は、すぐに対処しなければなりません

接種後10分〜1時間以内:激しい興奮、よだれ、嘔吐、けいれん

接種後2時間〜:全身のじんましん、顔の異常なむくみ

それゆえ、ワクチン接種後1時間程度は家に帰らず、副作用が出た場合にすぐに対応してもらえるように、できるだけ動物病院で待機するのが良いでしょう。

動物病院によっては「すぐに帰ってもいい」と言われることもあるかもしれませんが、念のために病院で待機しておくのが一番良いと思います

猫の体調が悪いと、ワクチンの副作用も出やすい

猫の体調が悪い時にワクチン接種をしてしまうと、ワクチンの副作用が出やすくなります

動物病院ではワクチン接種前に必ず一通りの健康診断を行い、獣医師が「問題ない」と判断した場合にワクチン接種を行います。

そのため、愛猫の体調がすぐれない場合は無理にワクチンを受けさせようとするのではなく、体調が良くなるまで待ってから、ワクチンを打つようにしましょう。

まとめ

意外なことに、猫の飼い主の中には「愛猫にワクチンは必要ない」と考えている人が多くいます。しかし前述したように、完全室内飼育の猫であってもワクチン接種が必要なのです。

ワクチンは猫風邪を始めとする多くの感染症を予防することが出来、結果として寿命を延ばすことに繋がります。

そのため、愛猫の健康維持のため、寿命を全うさせるためにも、ワクチン接種を受けることをおすすめします。

スポンサーリンク

【この記事をシェア】

トップへ戻る