【獣医師監修】食欲あるのに猫が痩せた!原因と対処法【餌・病気】



この記事では、食欲はあるのに猫が痩せてきた場合に考えられる原因と対処法について解説しています。

「愛猫が最近痩せてきた!」「一見すると病気じゃなさそうだけど原因が分からない」といった悩みを抱えている飼い主さんは、ぜひとも最後まで目を通していただけると幸いです。

猫が痩せた原因について

では具体的に猫の体重が減少する場合に考えられる原因について説明します。

①体重が減少する病気にかかっている

”一見元気で餌も食べているけれど体重が減っている”

猫でそんな症状が出る病気に甲状腺機能亢進症糖尿病があります。

いずれの病気も「一見すると元気で餌をよく食べる」場合が多く、飼い主さんが病気に気づきにくいのが特徴です。

甲状腺機能亢進症

甲状腺機能亢進症は体内の代謝を促進する甲状腺ホルモンの分泌量が異常に増える病気です。

ホルモンの分泌量が過剰になるとエネルギー消費量が多くなり、結果として体重はどんどん減っていきます。それを補おうとして猫も沢山餌を食べるようになりますが、それでも体重は減っていきます。

やたら活発で餌をガツガツ食べるけど急激に痩せてきたという場合は、この病気である可能性があります。

糖尿病

血糖値を下げる働きをするインスリンの分泌量が不足したり正常に機能しなくなるなどした結果、血糖値が高くなる病気です。

血糖値の過剰な上昇により、エネルギーの源である糖が尿から大量に外へ出て行ってしまうため、結果として体重が減少していきます。

>>猫の糖尿病に関してこちらの記事で詳しく解説しています

対処法

「沢山食べているけれどもみるみる体重が減っていく」という場合、これらの病気の可能性が高いでしょう。そのためすぐに病院へ行くことをおすすめします。

病気が重症化するのを防ぐためには早期の発見と治療の開始が重要です。

②キャットフードの問題

与えているキャットフードの栄養成分が肉食動物である猫本来の食性にマッチしていない場合や低品質・低栄養の粗悪なキャットフードである場合は、沢山食べていても猫の体重が減少していく場合があります。

猫は元来肉食動物であり、猫に必要な栄養素を満たすためにはキャットフードが高たんぱく質・低炭水化物である必要があります。

しかし、ディスカウントストア等で格安で購入できる餌の中には低たんぱく質・高炭水化物である場合も多く、その場合は必要十分な栄養素を満たすことができません。

対処法

猫の食性にマッチしていないキャットフードを与えている場合は、体重の減少や逆に体重の増加を招いてしまうためキャットフードの見直しが必要です。

>>猫の食性に合ったキャットフードの選び方についてはこちらで解説しています

猫の食性に合った高たんぱく質・低炭水化物のキャットフードへの変更が効果的です。

③高齢による老化

人間と同じように猫も高齢になると消費エネルギー量が減るため、食が細くなります。

普段から猫に与える餌の量を量っている場合は気づくと思いますが、一日中食べ放題の状況など与えている餌の量が把握できていない場合は「猫が1日に食べる餌の量」が減っていることに案外気づかないものです。

食が細くなり食べる量が減ると体重維持のための十分なエネルギー量を摂取できず、一定の速度で体重が減少していきます。

対処法

老化により食べる量が減り市販のフードでは栄養が足りていない場合も、上記の②のように少量で必要十分な栄養素を満たすことができる高栄養のキャットフードへの変更が効果的です。

まとめ

猫が食欲はあるけれども痩せてくる場合に考えられる原因と対処法についてはこれで以上です。

まずは病気の可能性を疑い、甲状腺機能亢進症や糖尿病などの病気の可能性が否定されるのであれば、普段与えているキャットフードの栄養成分を見直してみましょう。

必要であればキャットフードを変更することも愛猫の健康にとって非常に大切なことだからです。

スポンサーリンク
書いた人

著者:サワキ ショウタロウ



動物病院勤務の獣医師(8年目)。神奈川県横浜市出身。飼い主さんがネットに氾濫する誤った情報に騙されない為にサイトを設立。獣医師による正しい知識を提供してます。多忙な毎日ですが、暇を見つけてTwitterやサイトを更新。フォロー・ブックマークしていただけると嬉しいです。

詳しいプロフィールとサイト理念はこちら

トップへ戻る